« 2011.01.02 新春寄席 | トップページ | 2011.01.12 池袋演芸場 二之席 昼の部 »

2011年1月14日 (金)

2011.01.02 新作落語お正月寄席

新作落語会へ行ってきた。
毎年正月と夏休みに、新宿プーク人形劇場で行なわれている新作落語会だ。
初笑いはこの新作落語会でプーク人形劇場へ出かけることが多かった。
10年と少し前には、当時未だ二ツ目だった新潟、喬太郎の熱演が見られた会。
今は即完売で、予約チケットを買うことすら出来ない。
圓丈師の開拓した新作の会は、登場の時のお囃子は流れずに、ジャズやポッスが流れる。
メクリは使わずに、譜面台に名前が横書きの画用紙等、寄席の常識を打ち破った会だったんだよ当初は。
さて今年の会はこんな感じ。

■三遊亭はら生 落語 偽札のススメ
はら生君が最初だ。
今度日銀から出る新札を予想して、その偽札を早期に作ろうという噺だった。
アイデアは面白い。

■三遊亭ぬう生 落語 大人の絵本
もんもん村にある高校生が、エロ本を買うことになったが、村にある本屋は、中学時代好きだった女の子の家だった。
買うに買われず・・・・
青春コメディー
ぬう生君の学生時代の思い出が、この噺の原型なのかなと。

■春風亭百栄 落語 誘拐家族
女子中学生を誘拐した犯人と、家族の電話でのやりとりというだけの設定の噺。
本当にありそうな内容だった。

■三遊亭丈二 落語 大発生
ある小さな島での出来事。
それまで居なかった、中村さんが大発生してしまった・・・・
人間は虫かよ(笑)
シュールだ。
彼の作品でここまでシュールなのは体験してない。

■柳家小ゑん 落語 アセチレン
お客が交代で自分の体験などから、なごむ話をするという喫茶店があり、そのお客となごむ話が登場する噺。
噺の中に更に、なごむ話というテーマのショートストーリーを幾つか折り込むというのが凄い。
物語にオチをつけてしまいヒンシュクを買う男がけっこう好きだ。

■古今亭今輔 落語 札1グランプリ
次の新札候補はどれに(誰に)するのか、勝ち抜き戦で決めるという噺。
はら生君の根多と大幅に被ってしまったが、他の噺を復習って来なかったので、これでやるしかないという。
歴史上の有名人から、近代の文芸作家まで、出てきた。
内容が難しい部分もあり、ちょっとわかりずらかった。

■三遊亭圓丈 落語 稲葉さんの大冒険
創った当初はまるでウケなかったが、昨年演ったらバカウケだったので、今年もやってみる事にしたそうだ。
稲葉さんとは、さん喬師匠の本名。
気の弱い稲葉さん、駅前に新装オープンしたキャクラのマッチを貰ったが、これを持って家に帰ることが出来ない。
捨てようとしたが、近くに警察官がいて捨てられない。帰路にある公園に埋めよう・・・
これが発端でいろいろなことが起きてしまう。
シュールだ。日本SF好きには違和感なハマるだろう。
喬太郎師匠もこの噺を演るとのこと。
彼のヴァージョンは、やり始めた頃からドカンドカンウケたそうだ。
演出の違い、解釈の違い、時代の違い、色々なファクターで魅力が変わってくるんだな。
面白かったが、最後はもうこれ以上稲葉さんを困らせないでという気持ちになった(笑)。

トンデモの会とこの会。
年末年始の短期間で、久しぶりに多くの新作落語に触れる事が出来た。
元々新作好きだったが、最近少し離れていたから、大満足。

|

« 2011.01.02 新春寄席 | トップページ | 2011.01.12 池袋演芸場 二之席 昼の部 »

コメント

>三遊亭はら生 落語 偽札のススメ
>はら生君が最初だ。
>今度日銀から出る新札を予想して、その偽札を早期に作ろうという噺だった。
>アイデアは面白い。

彼ひょっとして私の前座追っかけ第3号になるかもしれません。
とにかく客を笑わす「地」というものを持ってますね。
実は黒門亭でいつもつるんでいるメンツの間でも彼の人気急上昇です。
定席ではさすがに彼の地出すのはむずかしいでしょうが、本当に貴重な存在ですよ。


投稿: 鳩が大好きなB.Blue | 2011年1月14日 (金) 23時39分

B.Blueさん、おはようございます。
はら生君は、新作の発想が面白いので、これに芸がついてくると
いい新作落語家になるとおもいます。
応援よろしくお願いします。

投稿: ヒロクン | 2011年1月16日 (日) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50567773

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.01.02 新作落語お正月寄席:

« 2011.01.02 新春寄席 | トップページ | 2011.01.12 池袋演芸場 二之席 昼の部 »