« シネマ落語 | トップページ | とんがり頭 »

2010年12月 6日 (月)

落語探偵団

なるユニットが発足した。
落語協会二ツ目が探偵となって、各回ごとのテーマに対して落語的な観点から調査・検証をしてブログ上に報告するという企画だそうだ。
↓落語探偵団オフィシャル
http://rakugo-tanteidan.jp/

メンバーは、金原亭馬治、三遊亭時松、古今亭志ん八、古今亭駒次、柳家ほたる、柳家小太郎、それから、紅一点(死語?)三遊亭粋歌の7名。 <敬称略>
最初のテーマは、
「時そば」のメニューが食べたい!
~ 時そばに出てくる「花巻」と「しっぽく」を食す!
担当:馬治&時松
だそうだ。

実はこれ自分でもやった企画。
http://hirobow.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_163f.html
私の調査・検証結果
東京の場合ですが、花巻そばは今でも多くの蕎麦屋で見かける、焼き海苔の入ったそば。
しかし、しっぽくそばは確認できなかった。
おそらく、ここからは考察ですが、しっぽくはしっぽくうどんが東京へ来てそばメニューになった。
屋台のしっぽくそばは、可搬性・鮮度を考慮すると多くの具達が候補から外れ、残った具は竹輪か竹輪麸くらいではかったのかと想像した。
結局屋台版しっぽくそば自体は土地に馴染まずに、更に夜泣きそば自体が廃れた。
生き残ったそば屋では具が多い五目タイプのそば、おかめそば等に変移していったのではないなと。
↓この辺りは私の「時そば」と「うどん屋」の落語と食の考察に詳しく述べた。
http://hirobow.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-edaf.html
馬治&時松両団員はどんな結論をだすのかな。
楽しみだ。

このユニットによる落語会があるかどうかは、未だ不明。

|

« シネマ落語 | トップページ | とんがり頭 »

コメント

こんにちは。落語探偵団の主宰です。

当方の企画をユニットを取り上げていただきまして、誠にありがとうございます。

探偵団の落語会についてですが、隔月程度に開催を予定しており、それぞれ調査した探偵がその演目を口演するスタイルで、マクラなりで調査状況をリアルに語ってくれることでしょう。

あいにく場所として予定している「らくごカフェ」の予約が取れない状況です。遅くとも3月までには実施したいと思っています。

どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

投稿: 落語探偵団 | 2010年12月 7日 (火) 12時58分

落語探偵団の主宰様 ご丁寧にありがとうございます。

落語会は有るそうですよ、みなさん。
調査結果も、落語会もどちらも楽しみにしています。

投稿: ヒロクン | 2010年12月 7日 (火) 21時16分

ご無沙汰しております。
落語探偵団です。

この度、初の当団の落語会を開催します。

第1回「調査報告会という名の落語会」開催決定!!
日時: 4月8日(金) 19:30開演 19:00開場
場所: 浅草・ことぶ季亭(最寄り駅:蔵前、田原町)
出演者: 三遊亭時松、古今亭志ん八
木戸銭: 当日2,000円、予約・前売1,500円

詳しくは、http://rakugo-tanteidan.jp/ を御覧ください。

(すいません、告知でした)

投稿: 落語探偵団 | 2011年4月 2日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50227956

この記事へのトラックバック一覧です: 落語探偵団:

« シネマ落語 | トップページ | とんがり頭 »