« 三三 | トップページ | 2010.12.24 クリスマス・TEN »

2010年12月28日 (火)

完全復活

談志師匠が12月23日の会で、落語を熱演したというニュースがありました。
先日NHKで談志師匠のドキュメンタリーを観たばかりだったので、このニュースのタイミングに驚いた。
↓談志が完全復活1時間20分熱演
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20101224-716841.html

落語を演じただけでニュースになってしまうのがすごい。
談志という人は、そういう人なんだなと、再認識した。
トークと映画上映のはずのイベントで、いきなり生で落語を演ると言い出した。
「落語はやらない」と公言していただけに、この日に向けて特別な稽古(噺や体力維持的なトレーニング等を含めて)をしたとは思えない。
その状況でいきなりの1時間20分、連続3席というのはすごい。
気力、体力、芸力まだまだいけそうだ。
談志師匠にとっても、かなりの自信になったのではないか。
私もまた談志を聴ける日が来るかもしれないな。
年の瀬に、来年につながる朗報だ。

談志家元のネタに続いて、元一門だったブラック師の事を少し書きます。
来年から(正確には今年の大晦日から)大須演芸場を拠点に3年間活動するそうです。
ということはブラック師は、30日の「とんでも落語会」で関東人はしばらく見納めになるでしょう。
これは行かないと!
↓快楽亭ブラックさん:活動拠点を名古屋・大須演芸場に
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101225k0000e040062000c.html


はい、というわけでヒロクンもブログも年末年始休暇に入ります。
行ったけど未だレビューの書いてない落語会もあるし、年末年始に予定している会もあります。
年明けに順次書いていこうと思いますので、また来年もよろしくお願いします。

|

« 三三 | トップページ | 2010.12.24 クリスマス・TEN »

コメント

こんばんは。ブラック師匠のブログ(一ヶ月更新なし)では、年明けのお江戸の会の予定が幾つも載っているのですが・・・どうなっているのでしょうか?

実は19日トリイホールの「川柳・ブラック二人会」で両師匠を初体験、ついでに打ち上げ(但し一次会のみ)について行ってしまいました・・・。
老父と同い年の師匠による『ガーコン』、初めてからなのかもしれませんが「あの時代そのものを体験させてくれる」と感動。
ブラック師匠の噺は、聴き易く分かり易い正統的な古典ですね・・・構成と語り口は。本当に何も怖くないのでしょうか?
お2人にかなり好感を持ってしまいました。

投稿: 明彦 | 2010年12月29日 (水) 01時37分

明彦さん、おはようございます。
「川柳・ブラック」の会ありましたか。
そして川柳師匠初体験でしたか。
元気なおじいちゃんですよねぇ(笑)
師匠に近い年代のお客さんで、いっしょに唄ってしまう人も見ましたよ。

ブラック師匠の事は、寝耳に水でした。
東京や、大阪で開催予定の会は名古屋から出かける形かもしれません。
或いは1月からではなくて、もう少し先から始めるのかもしれませんね。
30日にブラック師匠の出る会へ行く予定にしているので、また何か分かりましたら、報告します。

投稿: ヒロクン | 2010年12月29日 (水) 07時39分

30日にブラック師匠の出演する落語会へ行ってきました。
終演後に、名古屋の件についてお話しを伺いました。
名古屋での活動は年間1/3くらいだそうです。
「だって、芝居も映画も好きな自分が、名古屋にどっぷりは、できるはずが無いでしょう」
だそうです。
新聞記事は、トバシ記事だったようです。

投稿: ヒロクン | 2010年12月31日 (金) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/50383839

この記事へのトラックバック一覧です: 完全復活:

« 三三 | トップページ | 2010.12.24 クリスマス・TEN »