« 2010.11.02 鈴本演芸場~上席昼の部 | トップページ | ホームページ »

2010年11月 8日 (月)

突然やってくるもの

みなさん、ごきげんよう。
私は週末、風邪をひいて寝込んでしまいました。
突然扁桃腺が腫れて、咳、鼻水でたいへんなおもいをした。
木曜日に自宅近くの内科医院へ行ったんですが、休み。
あららついてないなと、もう一つのところへ行った。
ここも休み。
ふらつきながら駅前のメディカルモールへ行った。
内科だけ休み。orz
神奈川の内科(総合病院を除く)は木曜休診のようです。
お気をつけください。
そのメディカルモールの内科の隣が、耳鼻咽喉科だったので、這って行きましたよ。
結果的には、耳鼻咽喉科でOKでした。
日刊マックニュース師匠や、歌る多師匠のブログで以前に書かれたことがありましたが、耳鼻咽喉科は、投薬指示だけでなくて、喉や鼻の炎症を和らげる処置をしてくれたので、予後が随分と楽になった。
これだと話す職業の人は絶対耳鼻咽喉科だなと、実感した。

さてと寝込んでいる間に、野球の日本シリーズは週末にきて一段と盛り上がった。
接戦で、両チームに関係無い人が見るのが、ハラハラしないで興奮できるのでビールを飲む時の一番の御馳走だったんじゃないかな。
昼間やってくれたら見れたのに残念。
そんな興奮で日本が包まれている中、起き上がっている時間にネットを検索していたら、立川談大さんが亡くなったニュース記事を見つけた。
↓落語家立川談大さん死去。36歳。くも膜下出血、意識戻らず
http://news24.jp/entertainment/news/1614728.html
クモ膜下出血、36歳。二ツ目ですよ。
これからという時なのに、突然すぎるし、若過ぎる。
突然の死程、心に堪えることはない。
談大さんさんの高座は、9年前だから、前座ほやほやの頃だろう。
日暮里で「短命」を聴いただけだ。
なんてこった。よりによってこの落語だったのか。
高座の内容は覚えていないが、この時のマクラはよく覚えている。
この日の共演者である三益れ紋さんをいじるものだった。
左談次師匠のブログに、しみじみとした後輩思いの伝わる文章があったので、救われた気持ち。
合掌。

|

« 2010.11.02 鈴本演芸場~上席昼の部 | トップページ | ホームページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/49969551

この記事へのトラックバック一覧です: 突然やってくるもの:

« 2010.11.02 鈴本演芸場~上席昼の部 | トップページ | ホームページ »