« 温泉落語 | トップページ | 芸協らくごまつり詳細発表 »

2010年9月13日 (月)

2010.09.11 にぎわい座有名会

にぎわい座の有名会へ行ってきた。
この会はにぎわい座の定席にあたる会。
特徴は、落語協会と芸術協会の両派から芸人さんが日替わりで出演すること。
東京の寄席では見れない組み合わせで、楽しみな会。

■春風亭吉好 落語 転失気
開口一番は吉好君。
お馴染みの噺で温める。

■神田京子 講談 源平盛衰記~扇の的
今回の目当てでもある京子ちゃんの高座。
落語と講談の違いというテーマでのマクラ。
扇の的の場面をほぼ修羅場読みで読み切った。
こんなに気持ちの良い修羅場読みは、初めてだったかもしれない。
高座返しはきりん、もとい木りん君だった。
最前列で観ていたんだけど、デケー!。首が痛てー。
ひょろ長いから、きりんなんだな、きっと。

■翁家勝丸 太神楽
最近はピンでよく見かけるようになった勝丸君だ。
結構しゃべりも上手なんだよ。侮るなかれ。

■三遊亭圓龍 落語 青菜
仲とりは、圓龍師だ。
丸さに磨きがかかった感じ(笑)
この時期に来て、青菜を聞いても違和感の無いというのも今年仕様か。

お仲入り

■入船亭扇治 落語 さんま火事
久しぶりに聴いた気がする。
もっと演ってもいいんじゃないかな。

■東京丸・京平 漫才
ちゃちゃちゃちゃちゃん♪
このギャグ、久しぶりに見せて頂きました。
根多は昭和歌謡。半分は歌っていた気がします(笑)
巷では昭和歌謡ブームだそうです。
当時のバスガイドさんが歌いながら旅をする、はとバスのコースが超人気だそうです。
リタイアした団塊の世代の人達が対象なのかな。
などと考えながら、漫才を聴いていた。

■三遊亭遊三 落語 水屋の富
パピプペポを聴きたかったけど、トリでは出来ませんな。
自分が寝ていてうなされて起きると、この噺を思い出すんだ。
宝くじ当たってないけど。
8割くらいの入りだったかな。
パラパラと空席が有るくらいがゆったりと聴けて、丁度いい感じだった。

P1000511_2

|

« 温泉落語 | トップページ | 芸協らくごまつり詳細発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/49434353

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.09.11 にぎわい座有名会:

« 温泉落語 | トップページ | 芸協らくごまつり詳細発表 »