« あなたが“一番怖いもの”は何? | トップページ | 目黒のさんま祭り2010 »

2010年8月25日 (水)

笑いの大学

家に帰ってたまたま調べたら、昨日のアクセス数が、過去に無いとんでもない
数値を示していました。
ぽっぽちゃんの写真集めでしょうかね。

さて、今日の話題です。

大学のオープンセミナーとか、落語台本高座とかそういう話題じゃないんです。
さん生師が三谷幸喜作の「笑いの大学」を落語化して演じるそうです。
↓柳家さん生、三谷幸喜作「笑の大学」落語に
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/trad/20100823-OYT8T00550.htm

舞台版は取調室だけ、映画も取調室の場面が主と場面の移り変わりが少ないし、登場人物もメインは二人ということで、落語に向いている作品じゃないかな。
私は映画を見たけど、なかなか面白い本だと思った。
これが落語だとどういう感じになるのか。
落語の尺はやはり1時間以上になるのかな。
さん生師が古典の人というイメージ。新作というのは印象にない。
どんな演出なのか。
興味はいろいろある。
でも公演日には東京に居ないんだよ。
残念だな。
何回かやっているようなので、次のチャンスを狙うしかないな。

|

« あなたが“一番怖いもの”は何? | トップページ | 目黒のさんま祭り2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/49249973

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いの大学:

« あなたが“一番怖いもの”は何? | トップページ | 目黒のさんま祭り2010 »