« 目黒のさんま祭り2010 | トップページ | 落語の秋 »

2010年8月30日 (月)

2010.08.28 本牧亭土曜講談会

8月最後の土曜。今日も暑かった。
今夜は土曜講談会。
上野駅から歩いて本牧亭へ向かう。
向かうはいいが、なにしろ暑い。
行き着く前に行き倒れになりそうで、思わずガード下の飲み屋で一杯飲んでしまったよ。
軽くレモンサワーで心身を冷却リフレッシュして、今度は本当に本牧亭へ向かった。
到着したのは18時30分。開演30分前。
今回の出演者は、9月から二ツ目に昇進するすずちゃん。

■神田すず 講談 遠山金四郎~牢抜け
今日の昼の定席で、前座を終了したことが報告された。
っていうかすずちゃんのマクラは初めてだな。
奥の席には講談初めての団体さんがいた。
その人達にもわかるよく知っている人物「遠山金四郎」の物語が今回の読み物。
金四郎が何故入れ墨をすることになったのか、その物語だが、今回はその前段の場面だった。
金四郎は、妾の子として生まれたが、本妻に子が無いため跡継ぎとして育てられた。
10代後半になった頃、本妻に子が出来た。
この時金四郎は、本妻の子が後を継ぐべきだと考えた。
がしかし、父は金四郎に継がせたがっていた。
そこで金四郎は考えた。
放蕩息子になれば父の考えが変わるだろうと。
その日から、金四郎の酒とバラの日々が始まる・・・・
初めての読み物だ。
ネットを検索すると、すずちゃんこの半年くらい結構演っていた。
二ツ目へ向けたテイクオフ的な素材だったのだろう。

0828p1000355

終演後、お祝いという程の物でも無いがちょっとしたものを渡したら、出来立ての手拭いを頂いた。
未だ二ツ目ではないこの日、貴重なフライング手拭。
すずちゃんだけに、鈴の柄ではなくて、すずしそうな色合いとデザインだった。
本牧亭の女将さんからの情報です。
12月の北上本牧亭へ、すずちゃんが出演するとのこと。
おっかけの人は、準備よろしく。

|

« 目黒のさんま祭り2010 | トップページ | 落語の秋 »

コメント

>行き着く前に行き倒れになりそうで、思わずガード下の飲み屋で一杯飲んでしまったよ。

これ最高でしょ。もっとも演芸楽しむ前にやる場合は眠くならない酒量にいかに抑えるかが鍵ですが。
冬なんかだと一杯やったあと「葱間の殿様」思い浮かべながら上野広小路渡って(旧黒門町の)本牧亭に足運ぶのもオツです。

>到着したのは18時30分。開演30分前。

本牧亭こんな時間からやっているんですね。食事時間考えれば黒門亭とハシゴできそう。

投稿: B.Blue | 2010年8月30日 (月) 21時32分

B.Blueさん こんばんは。

本牧亭は17時から営業しているんですよ。
けっこう黒門亭から流れてくるお客さんもいますよ。
黒門亭の15時からの会が18時に終われば、18時3分に本牧亭到着。
料理を注文して、1~2杯飲んで、丁度いい時間で高座じゃないでしょうか。

投稿: ヒロクン | 2010年8月31日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/49294848

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.08.28 本牧亭土曜講談会:

« 目黒のさんま祭り2010 | トップページ | 落語の秋 »