« 乞ご期待みたいな予告。圓朝まつり2010 | トップページ | 圓朝まつり2010 その2 »

2010年8月16日 (月)

圓朝まつり2010 その1

遅くなりましたが、圓朝まつり2010の様子です。
編集にかなり時間がかかりました。
編集っていうか、動画のアップにですね。
ということで、今回は写真を中心に書きました。
(写真はクリックすると拡大します)
動画は別エントリにしました。お楽しみに。

さて、今年はこんな感じではじまりますよ。
P1000165s
怖え~~・・・・

P1000126s
しん平師、何を描いているんでしょうか。

P1000132s
ゴミ隊から店番の市馬師

P1000134s
金魚ちゃん、いただきましたぁw

P1000135s
んでもって、ハルベル堂店主、玉の輔師。こんなブロマイド買ってしまいましたよ(笑)
師匠、足大丈夫っすか

P1000137s
この三人三様の表情がいい。

P1000144s
今年も天気が良くて、暑くなりそうですね仏像様

P1000139s
こみっちゃん、ありがとうございます。いただきました。今日もピンク色の襷ですねぇ
この後右手がガッツポーズになるんですよ。

P1000140s
帰って来た板割り男。この姿は噺家には見えません。
それから、割り込みはいけません。

P1000163s
ほたるさんの店のグッズ達

P1000164s
今年もこれやってしまいましたよ。
そして今年も「ハズレ」のけむりの出るやつ持って帰りましたよ。

P1000149s
福扇ならんでます・・・2時間経ちます・・・最終コーナーを回って、最後の直線に入りました。
頭クラクラしてきました。

P1000147s
そんなクラクラ、イライラの行列のお客さんに、少しでも和んでもらおうと、サービス中の小駒君達。
自分たちも暑いのにねぇ。

P1000150s
千両みかん。これ福扇の待ち行列に出張販売してほしかったよ。

P1000151s
牛すじ丼と柳家のカレーのあるテント。福扇で並んでいたので、出遅れた。
おかげで、ライスカレーは4人前で売り切れに(T-T)。すぐ横の牛すじ丼の列に並び直しましたよ。
さぁヒロクンはこの後何を食べるのでしょうか。
ぽっぽちゃんには会えたのでしょうか。
ここからが面白いが、今回はここまで。

|

« 乞ご期待みたいな予告。圓朝まつり2010 | トップページ | 圓朝まつり2010 その2 »

コメント

>ぽっぽちゃんには会えたのでしょうか。
>ここからが面白いが、今回はここまで

うぁ~宮戸川定席バージョンのサゲか講談の切れ目ですか(笑)
ヒロクンは当日出遅れたとかで大変でしたね。
実はインターネット落語で三之助師匠とぼたんさんにインタビュー
されている二人目のお客さんの直前に私並んでいたんです。
お焚きあげ前に福扇買うとすると7時30分くらいに並ばないと
厳しいって話だったんで。
次回期待しおてます。

投稿: B.Blue | 2010年8月16日 (月) 23時47分

ということでお約束の春風亭ぽっぽちゃんレポートです。

下北沢で開催された一之輔ひとり会「下北のすけえん」の前座

1 一之輔による開演の戯言
 (Tシャツで現れ)今日の前座さんは「P O P P O」(スペル読み)のぽっぽです。この会は明日も連続してやります。明日の前座は弟弟子の朝呂久です、今日しかこない人は手を挙げてください・・・・・・・・・あなた方はぽっぽ目当てですか・・場内爆笑

2 開口一番
 当然ぽっぽちゃんです。演目は「芋俵」。ネットで検索するとあちこちでやっているようですが生は初めてです。一緒に行った「川上君追っかけ仲間」も上手くなったってほめてました。
 今日の特筆は(1)俵の中の与太郎が藁が鼻に入ってクシャミをするのを防ぐため、鼻の穴に両手人差し指でフタをした所作(2)(当然ですが)俵の中の与太郎の股間をニ○○ギする場面。小悪魔と艶めかしさが入り混じった高座でした。前座噺から一歩踏み出したぽっぽちゃんの気配が感じられました。先月の三鷹に続き「ぽっぽ」「一之輔」「菊之丞」の前座、二つ目、若手真打の個人的ベストメンバーで本当に木戸銭が安かったです。

投稿: B.Blue@下北のすけえん帰り | 2010年8月17日 (火) 00時02分

>千両みかん。これ福扇の待ち行列に出張販売してほしかったよ。

実はこれ私も金八さんと志ん丸さんに進言したのですが、墓地通路のスペースの関係で厳しいとか
ちなみに松田聖子の赤いスイートピーBGM流していたんで「金八さんの年代でこれ知ってるの?」と突っ込んだらすんなり「はい」

投稿: B.Blue | 2010年8月17日 (火) 00時18分

B.Blueさんこんばんは。
いつもレポートありがとうございます。
ぽっぽちゃんの「芋俵」あたしも聴いてみたい噺だったんですよ。
「芋俵になりて~~」というところでしょうか
>「ぽっぽ」「一之輔」「菊之丞」
よく分かります。自分の中の落語の純粋培養
後私は「三三」、「ひまわり(講談)」が聴ければごきげん。
こういうのを聞くと、ブラック、談之助、げんきいいぞうとかも聞きたくなる。
わがままなヒロクンです。

投稿: ヒロクン | 2010年8月17日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/49150099

この記事へのトラックバック一覧です: 圓朝まつり2010 その1:

« 乞ご期待みたいな予告。圓朝まつり2010 | トップページ | 圓朝まつり2010 その2 »