« 夏の風物詩 | トップページ | 2010.07.11 黒門町本牧亭講談昼席 »

2010年7月 8日 (木)

キウイ氏2冊目出版?

7月7日に、キウイさんの出版記念落語会が開かれたというニュースがありました。
万年前座が好評な売れ行きだったのか、2冊目をいつの間にか執筆していたようです。
↓落語ぐらいなら…立川談志ゲスト出演
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100708-650800.html
>落語家立川談志(74)が7日、都内で行われた弟子の二つ目立川キウイ(43)の「万円前座」出版記念落語会にゲスト出演した。

本のタイトルは「万円前座」
前座1高座の単価が万円以上だが、キウイ氏は万円まで貰えてなかった。そういう時期もあったみたいな事を書いているのか。
或いは、一月の生活費が10万円まで届かない貧困前座生活をおくっているという内容なのか。
前作のバーでの談志・志ん朝会談の所等、なかなか読みごたえがあったので、興味をそそります。

なんてね、あんまり日刊スポーツをいじめるのは止しましょう(笑)
本題は、談志師の事。
>「今は体調もいいんだ。落語ぐらいならできるかもしれないな」
以前は「ラジオのトーク番組ぐらいならできるが、落語はできない」のようなコメントをしていたので、この変化は驚きだ。
他に未だできない事があると思われる中で、「落語ぐらい」と言わしめた、談志師の落語に対する重さはどれ位なんだろうか。
最近何か変化したのだろうか。
意味深長な発言だ。

|

« 夏の風物詩 | トップページ | 2010.07.11 黒門町本牧亭講談昼席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/48826336

この記事へのトラックバック一覧です: キウイ氏2冊目出版?:

« 夏の風物詩 | トップページ | 2010.07.11 黒門町本牧亭講談昼席 »