« 円朝まつり2010の事 少しだけ | トップページ | 自分のこと何て呼ぶ »

2010年6月 4日 (金)

偲ぶ会

一鶴先生が常打ち小屋として贔屓にしていた松戸の老舗天ぷら店で、弟子達が師匠を忍ぶ会を開いたそうです。
↓「ヒゲの一鶴」しのび、まな弟子3人講談披露
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100530-OYT1T00127.htm

一周忌まで待たずに開いたんですね。
会に参加したのは、今や預かりの身で離ればなれになってしまった二ツ目3人。
お客さんも演者も、懐かしむ程は時間が経っていないと思いますが、いろいろと思うところはあったでしょう。

星之助さんが中心となって企画した会だそうですが、席亭さんも一鶴先生が亡くなった事で縁の切れ目としないで会場を貸してくれたのが良かったかな。
今後も継続して、一鶴DNAを受け継ぐ若者達の会に育ってくれるといいかなと。

|

« 円朝まつり2010の事 少しだけ | トップページ | 自分のこと何て呼ぶ »

コメント

「偲ぶ」とした方が良いのでは。

投稿: 松井高志 | 2010年6月 8日 (火) 06時51分

松井さんおはようございます。
つっこまれてしまいました(笑)
修正しました。

投稿: ヒロクン | 2010年6月 8日 (火) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/48539606

この記事へのトラックバック一覧です: 偲ぶ会:

« 円朝まつり2010の事 少しだけ | トップページ | 自分のこと何て呼ぶ »