« 2010.06.20 本牧亭前座勉強会(たぶん最終回) | トップページ | 円朝まつりの続報 »

2010年6月23日 (水)

落語物語の続き

しん平師監督の映画、落語物語の撮影は順調に進んでいるようです。
落語界情報の宝庫でもある日刊マック師匠のブログで貴重な事が分かりました。
http://yanagiyakoenji.at.webry.info/201006/article_21.html

今度の映画は、春風亭ぽっぽちゃんと、柳家わさび君が重要な役所なのか。
どんな物語なのかな。
ここからはヒロクンの妄想
パターン1
噺家の卵の若者(わさび)の貧しくそして、苦しくとも明日の名人を目指して修行に励む毎日。
そしてこの若者を支える堅気の恋人(ぽっぽ)。
貧困と苦悩の中での愛の行方は・・・
のような「神田川」「赤ちょうちん」的な昭和えれじい作品。

パターン2
男尊女卑を地で行くような某実力派の噺家の一門に、世話になっている席亭の強い依頼で、なんと女の子の弟子(ぽっぽ)が入門することになる。
すぐ上の先輩噺家(わさび)が面倒をみることになる。
ドジな先輩だけれど、お互いに助け合い、けなし合い落語家としてすくすくと成長していく。
更に一門の師匠も女の子弟子との生活の中で段々と女性に対する考えが変っていく。
そんな落語界の裏面をコミカルなタッチで描いた作品。

パターン3
超人気アイドル女優(ぽっぽ)に憧れる、人気も実力も冴えない二ツ目噺家(わさび)。
何とアイドル女優は落語が好きらしいと分かる。
ここで冴えない二ツ目が何を間違えたか発奮して、珍事件を起こしてしまうという、笑いとペーソス溢れる紺屋高尾のパロディ的作品。

なんか幾らでもストーリーがでてきそうだ。
本当の物語はどんな感じでしょうか。
>3月には東劇で封切りされる予定らしい。
待ち遠しいですなぁ

ところで、「ひゅ~どろ」はどうなってるのだろうか。
ぽっぽちゃんの入浴シーンはどうなるの
こちらの話は全然入ってきません。

|

« 2010.06.20 本牧亭前座勉強会(たぶん最終回) | トップページ | 円朝まつりの続報 »

コメント

またまたお邪魔します。
小袁治師匠のブログ、ご覧になりましたか。
めがねも同じ日、同じシーンの撮影に参加しておりました。
作品の内容は・・・パターン4ということで・・・。
26日にはうちの太った人の撮影があります。
・・・不安です。
公開をお楽しみに!!

投稿: 笑組・めがね | 2010年6月24日 (木) 00時19分

頻繁にブログに書いたり写真をアップしてくれるヒロクンにぽっぽちゃんが感激し「あちきは今年の秋に前座の年季があけます。二つ目になったら勉強会の最前列の席を空けて待っていますので、あちきの追っかけになってくんなまし」・・・・・ブログ版幾代餅、紺屋高尾的展開 あとはわさび君の出番か

投稿: B.Blue | 2010年6月24日 (木) 06時25分

俳優のゆたか先生、コメントありがとうございます。
小袁治師匠のブログで、ご活躍を拝見しています。
ぽっぽちゃんと撮影とは、羨ましいですねぇ。
物語はパターン4ですか。
そうですよね。素人がすぐ思いつく内容じゃだめですよね。
公開を楽しみにしています。
また寄席でお会いしましょう。

投稿: ヒロクン | 2010年6月24日 (木) 07時59分

B.Blueさん
お~
それじゃぁさっそく、ぽっぽちゃん貯金15両貯めねぇと。

投稿: ヒロクン | 2010年6月24日 (木) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/48700446

この記事へのトラックバック一覧です: 落語物語の続き:

« 2010.06.20 本牧亭前座勉強会(たぶん最終回) | トップページ | 円朝まつりの続報 »