« 2010.06.05 講談革命ヨウジ!~はるかなる坂本龍馬 | トップページ | 何をしているのか、それは・・・ »

2010年6月11日 (金)

2010.06.09 第2回オブサンズ落語会

三軒茶屋にあるジャズのライブハウス、オブサンズへ行った。
ここで落語会がある。
主催はボナ植木先生。
ボナ植木?誰?という疑問を持つ寄席演芸ファンも居るだろう。
はいここに一名>俺か(笑)
寄席では見ない先生だが、顏を見ればこれはもう直ぐ分かる。
ナポレオンズの一人。大きなメガネがポイントで、マジック担当の方。
あ~あ~でしょう?>俺だけか
この植木先生が何故ジャズのライブハウスで落語会?
という疑問が次に沸いてきた。
植木先生はマジシャンでありながら、最近はジャズシンガーとしても活躍されているとのこと。
で、この店でライブを演ることになるが、マスターから落語会もやらないかと持ちかけられてとりあえず始めてみた。
「ふ~ん」と読み流してはダメですよ。
何故植木先生に「落語会」をとマスターが勧めたのか。
ここ重要。試験に出ます。グルグル三重丸付けておきます。
植木先生はマジシャンだから、主催するなら演芸会じゃないでしょうか。
落語会と言ったら、落語メインの会というイメージじゃないですかみなさん。
ここで出演者を紹介してみたいと思います。
先ず第1回目 三遊亭好の助、宝井琴柑、ボナ植木
第2回目 三遊亭好の助、神田あおい、ボナ植木
なんですかこの共通点は、ということ。
好の助君と植木先生がレギュラーな会だ。
これで寄席演芸ファンでも気がついた。
「息子メインの親子会か」
以上でオブサンズ落語会のバックグラウンドの説明第一部お終い。
一応トリを務めます好の助の紹介。
ってったって、ネットで分かる事ぐらいしか知りませんが。
三遊亭好楽師の弟子。
二代目だが親の後を継がず微妙に斜めの方にいる師匠の所に所属している王楽師と、親不孝繋がりという関係。そういう一門に居る。
これでオブサンズ落語会のバックグラウンドの説明第二部お終い。
ゲストの神田あおいさんのこと。
第2回目に登場だが、第1回目は今年の3月9日。同じ講談協会の後輩である琴柑ちゃんが出演しているという縁がある会。
「3月9日は私の誕生日なのに、どうして私を呼ばないで琴柑ちゃんなわけ?」
知らねぇよ。俺に聞くなよ(笑)
これでオブサンズ落語会のバックグラウンドの説明は全てお終い。
主催の植木先生がMC。
自分のライブやこの店の宣伝も含めて開演前からマイクを握る。
ナポレオンズでは話はもうお一人の方の担当で、余りしゃべらない印象だった。
今日この会では、結構しゃべるという事を知って驚いた。

■三遊亭好の助 落語 初音の鼓
さて、好の助君の高座だ。
以前観た時は、つかみに手品をやったりしていたが、この会では出来なせんね。
そうなると、地味めな芸なので結構辛いものがあった。
なかなか笑いが来なねぇ

■神田あおい 講談 大名花屋
後輩の地味な芸の後に、明るい着物姿の女性が上がったので、会場から「おー」の声こういう場面では女性芸人は得だよねぇ。
「おじさんです」もウケるけどさ。
講談初めての人や、女性のお客が多かったので、ソフトで聴き易い、わかり易い読み物にしたようだ。
店の奉公人が余りにも出来る男なので、店の娘と結婚する事になるが、実はこの奉公人は大名のの息子だと分かる。
結納金に千両箱を持ってきた。
店も新しくなりハッピーエンド。
「やっぱり結婚は、お金よねぇ」
ほんわかしたところでお後と交代。

■ボナ植木 マジック
ソロのマジックはもちろん初めて観ることになる。
話術も上手くて結構いい感じじゃないですか。
このステージのキモは人形だった。
植木先生、操り人形を使って腹話術も演る。
前の席の女性軍、人形を見て「かわいい」「かわいい」の連呼。
先生の人形操作が巧みだったということ。
腹話術人形でマジックを演る。
これが面白かったし不思議なマジックだった。

■三遊亭好の助 落語 不動坊火焔
会場が沸いたところで・・・・
地味な芸(笑)
トリを務めます。
自分は地味なんだと開き直ったら、結構良くなったよ。
笑いが来た。
好の助君、父親の事は「植木先生」と紹介していた。
ここいら辺のケジメは流石につけていた。
好の助君、真面目すぎるのかもしれないな。

会の中身のレビューよりバックグラウンドの説明の方が長くなってしまいましたが、今回のレビューはこれにて読み終わりといたします。

|

« 2010.06.05 講談革命ヨウジ!~はるかなる坂本龍馬 | トップページ | 何をしているのか、それは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/48590703

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.06.09 第2回オブサンズ落語会:

« 2010.06.05 講談革命ヨウジ!~はるかなる坂本龍馬 | トップページ | 何をしているのか、それは・・・ »