« 2010.03.21 本牧亭前座勉強会 | トップページ | 文化放送で落語 »

2010年3月25日 (木)

卒業といえばこれでしょう

ブログネタ: 「卒業」といえば?参加数拍手

ブログネタコーナーから「卒業といえば」というお題を頂戴してきた。
今年も3月は落語協会、そして5月には芸術協会の新真打の昇進披露興行が行われる。
卒業といえばこれでしょう、末廣亭深夜寄席。

落語協会のインターネット落語会3月下席では、卒業する深夜寄席の様子を放映しています。
印象に残っている深夜寄席の卒業公演は、10年前の喬太郎のもの。
伝説の深夜寄席だから覚えている人・話を聞いた人もいると思う。
お辞儀をして下がる時に、扇子を座布団の前に置いたまま下がった。
山口百恵の引退コンサートの落語バージョン。
臭い芝居という意見もあったけど、卒業して真打になるんだなという感慨がしみじみと伝わってきた。
喬太郎ファンの中にはウルっときたという話も聞いた。

今年卒業の柳家三之助さんは、奇しくもたい平・喬太郎卒業と入れ違いだとのこと。
そして卒業公演の根多は初めての時と同じものを選んだ。
演者それぞれ演出は違うけれど、卒業公演は特別の想いを持っているのではないかなと。

|

« 2010.03.21 本牧亭前座勉強会 | トップページ | 文化放送で落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/47896989

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業といえばこれでしょう:

« 2010.03.21 本牧亭前座勉強会 | トップページ | 文化放送で落語 »