« 温泉らくご | トップページ | 万年前座とは言わせない »

2010年3月30日 (火)

2010.03.28 花ぐみの会

特別な会に行ってきた。
何が特別かは後述。
Rimg0023s
♪コードナンバー044 (044)

Rimg0028s
♪南武線は今日も良い色イエロー

と天体戦士サンレッドのテーマに乗って溝の口から南武線で武蔵新城に行きました。
武蔵新城駅前の天秤座というマンションの一室を改造したイベントスペース。
ここで奇術の花島久美先生主催の会だったのです。
だから花ぐみの会なのかな。
女性若手芸人の勉強の場として使ってもらい、若手を応援したいという趣旨。
この会がどう特別なのか・・・

■春風亭ぽっぽ 落語 小ほめ
特別のそ1。ぽっぽちゃんが二席務めます。
その一席目は前座話といわれるポピュラーな子ほめ。
特別のそ2。着物が女性着物だった。
普段見ている男着物じゃない。
ぽっぽちゃん曰く、女性着物で仕事をするのは、初めてだそうだ。
春っぽい明るい柄の着物だ。
ヘアースタイルは以前に聞いていたとおり、パーマだった。
そのパーマは一言でいうと、「実験失敗?」
だめだよ。またそんなこと書くと、怒られちゃうよ(笑)

上がる姿を観た客席は「お~」と歓声のような感動の声が上がる。
めちゃめちゃ可愛い。
可愛すぎる。
二ツ目昇進後の姿はこうなるのだろう。
これはこの会に言った人だけの特典だな。
前座の高座ではあまりマクラ話はしないが、この高座はマクラで自己紹介や小ネタを幾つかやってツカミはOK。
いい子ほめだった。

■「吹きよせ」春to舞 俗曲
特別その3。「吹きよせ」春to舞とは誰だということ。
これ落語協会の下座のはるさんと、まいさんだった。
漢字名前を書かれると全然わからなかった。
会の前に久美先生が下座で三味線を弾いているお姉さんだと紹介したので、わかった。
下座のお姉さんの高座を観られるなんて、特別だなぁ。
殆ど唄と演奏だけれど、台詞も少し入る。
本は志ん輔師が書いたそう。
まい「新内っていいですよねぇ、お姉さん?」
はる「そうねぇ」
みたいな感じでぽつぽつと曲の合間に入るんですが、これが「今私は台詞をしゃべってます」とはっきり分かる話し方。(笑)
それが素人っぽくていい。

■神田あおい 講談 義士銘々伝~岡野金右衛門・恋の絵図面
根多は「すきすき金右衛門さま」じゃなくて、本物の方。
講談初めての人でも知っている忠臣蔵の根多。
事件の発端の説明、銘々伝の説明とわかり易く解説してくれた。
この読み物は以前貞山先生で聴いていましたが、女性が演るとまた印象がちがいます。
金右衛門の純情さがよく出ていた。

お仲入り

■花島久美 手品
鬘に木遣りの衣装で登場。
軽く小業をやって、メインは室町時代に作られたという金輪の奇術。
リングマジックだけど、これが和製だったとは知らなかった。
西洋のものとの違いは、南京玉簾のように輪を繋げる形の違いでいろいろなものの形を作ること。
目の前でやっているに、種が分からなかった。

■春風亭ぽっぽ 落語 初天神
特別その4。ぽっぽちゃんがトリということ。
しかも長講。
初天神を凧上げまでほぼフルバージョンで30分。
たっぷりとぽっぽちゃんの金ちゃんを堪能できた。
実はこの日の会、久美先生は1年前からぽっぽちゃんにラブコールを送っていたとのこと。
でもスケジュールが合わず、1年後のこの日しか空いてないということで、この日になったと久美先生が説明していた。
つまりぽっぽちゃんのスケジュールは、1年先まで決まっているほどビッシリ詰まっているということだ。
師匠のスケジュールが詰まっているということだろうが、それにしてもすごい。

ぽっぽちゃん、それから多分あまり見る機会の無いだろうはるさん、まいさんの写真を紹介しようかなと、この日撮ったものや、過去に撮ったものを用意してたんですが、神田あおいさんのブログで3人が写っているものが紹介してあるので、リンクを貼って置きます。
↓花ぐみの会☆
http://ameblo.jp/aoi0309/entry-10493833840.html
写真左から、はるさん、ぽっぽちゃん、まいさんです。
どうですかぽっぽちゃんのお姿。
まいさん、結構でかいです(笑)
でかいけど綺麗ですよ。

終演後ぽっぽちゃんと少しおしゃべり。
ヒ「2週間位前に見た時はボブカットだったのに、パーマは最近かけたの?」
ぽ「そうです。この会のために」
ヒ「うまいねぇ、どの会でもそういってるんでしょう」
ぽ「えへへぇ」
しゃべっちゃったよ

昨日の情報によると、月曜日には既に以前の黒髪ボブカットに戻したそうです。
この会の為にパーマをかけたというのは本当だったんですね。
私にとっても、そしてぽっぽちゃんにとってもこの会は特別な会だったということです。

|

« 温泉らくご | トップページ | 万年前座とは言わせない »

コメント

>終演後ぽっぽちゃんと少しおしゃべり。
>ヒ「2週間位前に見た時はボブカットだったのに、パーマは最近かけたの?」
>ぽ「そうです。この会のために」
>ヒ「うまいねぇ、どの会でもそういってるんでしょう」
>ぽ「えへへぇ」
>しゃべっちゃったよ

最近まで「負け組」って言っていたのに完全に「勝ち組」じゃないですか(笑)

投稿: B.Blue@池袋二つ目勉強会帰り | 2010年3月30日 (火) 21時54分

『初天神』フルバージョンということは・・・。
ぽっぽ様が夫婦生活や「お姉ちゃんの店」の件も語りはったのですか?
まいさん、かっこええやないですか。こんなお囃子さんは、残念ながら上方にはいてまへん。
ヅカ風にタキシードなんか似合いそう・・・。

投稿: 明彦 | 2010年3月31日 (水) 00時12分

B.Blueさんこんばんは。
我が演芸史に残るイベントになりました。
今年分の勝ち運を使い果たしたんじゃないかな。

投稿: ヒロクン | 2010年3月31日 (水) 21時10分

明彦さんこんばんは。
>ぽっぽ様が夫婦生活や「お姉ちゃんの店」の件も語りはったのですか?
やりません!(笑)
ぽっぽちゃんというよりも、江戸前ヴァージョンではやらないですね。
小三治師匠の映像か録音が手に入ったら聞いてみてください。
この形が大枠ですが江戸前の形です。
ぽっぽちゃんは、更に女性演者ヴァージョンなので、菊千代師匠がやられているほのぼの感のあるのもでした。

まいさん、けっこうイケてます。
ショートカットで男装の麗人ぽい印象もありますが、声は細いです。
圓朝まつりでは、お姿を披露しているのでファンは付いてきてると思います。
お江戸ではブレークするかもしれませんよ。
何か分かったらまたブログで書きますね

投稿: ヒロクン | 2010年3月31日 (水) 21時20分

>我が演芸史に残るイベントになりました。

ヒロクンに勝つには「開口一番のぽっぽちゃんにご祝儀」という
波動砲+ハイパーデスラー砲+ブラックホール砲弾+ハイドロコスモジェーン砲使うしかないか(笑)

と本当によかったですね。マジ演芸史どころかヒロクンの
人生に残るイベントかもしれませんね。

投稿: B.Blue | 2010年4月 1日 (木) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/47947698

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.03.28 花ぐみの会:

« 温泉らくご | トップページ | 万年前座とは言わせない »