« 帰って来た | トップページ | 2010.03.17 緊急!!圓生争奪杯 »

2010年3月18日 (木)

20100316 オリンパスモビー寄席

日本橋亭で行われたオリンパスモビー寄席に行ってきました。
ラジオデイズの公開録音番組です。
今回は橘家文左衛門独演会と名打ってあります。
会の様子は・・・

■春風亭ぽっぽ 落語 無学者
第1の目的はぽっぽちゃん。
登場する姿を見てびっくりしたわけです。
髪を切った。
昨年9月の女子高生役の頃の髪形に似ていますが、横と後ろは長めのショート。
前髪を眉が隠れるくらいのところでまっすぐ横に切ってあった。
ボブカット?なんていうんでしょうかね。
短い方が似合うので今の方がいいと思うんですが、前髪が微妙。
髪を切るとは何かあったんでしょうか。
金髪豚師匠のブログには13日がぽっぽちゃんの重要な日のような書き方をしていたので気になりますが。
大切な人の前でゲロ吐いたわけでは無いと思います。
落語はお馴染みのもの。
10分くらい。
物足りなかった。
内容じゃなくて高座時間がですよ。

■橘家文左衛門 落語 桃太郎
どうやらわか馬さんが仲とりのようだ。
文左衛門師匠の前高座。
軽い噺を持ってきました。
モビー寄席の担当者から、今までやっていない根多をという要求があったとのこと。
文左衛門師匠の子供というのは今まで聴いたことが無いので、この高座は貴重だった。
あの目が円らな瞳になるんですねぇ(笑)

■鈴々舎わか馬 落語 湯屋番
前半の居候の暮らしの部分から、ゲタのさげまでフルバージョンたっぷり。
高座は40分くらいだったか。
わか馬さんは体が細くて、なよっとしたイメージがあるので、若旦那役ははまり役じゃないでしょうか。
ごちそうさまでした。

お仲入り

■橘家文左衛門 落語 らくだ
大根多を持ってきましたね。
柄の悪い男の役は文左衛門師匠の任なので、この噺は合ってるなと思います。
屑屋は年配のイメージがあったんですが、会話や仕種からもっと若い30代くらいの設定に見えた。
年配のイメージというのはこの噺は、米朝や小三治等の大看板の高座の印象を覚えているので、演者の貫祿からそう感じたのかもしれません。
舞台でも大滝秀治氏が演じているし。
屑屋はだんだんと酔っぱらって、笑い上戸から泣き上戸、最後に怒り上戸となる演出。
来るぞ来るぞ、来たーーという感じだ。
クスグリは工夫されていて面白かった。
60分にわたる長講みっちり。
ごちそうさまでした。

ラジオデイズのコンテンツには、このらくだと、湯屋番がなるんでしょうか。
どちらも聴き応えありますよ。

|

« 帰って来た | トップページ | 2010.03.17 緊急!!圓生争奪杯 »

コメント

>金髪豚師匠のブログには13日がぽっぽちゃんの
>重要な日のような書き方をしていたので気になりますが。

「頑張れッぽっぽォ~」って書いていたんで、アチキは二つ目昇進試験
とかそれが上手くいってイメチェンとか勝手に前向きな妄想をしてます(笑)


>文左衛門師匠の子供というのは今まで聴いたことが無いので

 師匠は真田小僧とかけっこうかけていますよ。あの強面との落差が
若い女性からするとたまらんらしいです(喜多八モードで読んでください。)

わか馬さんは雰囲気が先代馬生を彷彿させるという人が私の周囲にいます。
だた私自身は先代を見たことがないですorz

投稿: B.Blue | 2010年3月19日 (金) 19時34分

B.Blueさんこんばんは

ぽっぽちゃん、お祝いの意味で髪形を代えたのならいいですね。
仮に昇進だとすると秋でしょうかね。

文左衛門師匠のジキルとハイドぶりは今回で十分分かりましたよ(笑)

私も先代の馬生は分かりませんね。わか馬さんは古典も新作もできるいい若手なので、期待してるんですよ。

投稿: ヒロクン | 2010年3月19日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/47842602

この記事へのトラックバック一覧です: 20100316 オリンパスモビー寄席:

« 帰って来た | トップページ | 2010.03.17 緊急!!圓生争奪杯 »