« 好きな酒 | トップページ | 争奪戦ということになった・・・ »

2010年2月 5日 (金)

楽器あれこれエピソード

今回もブログ根多からです。
落語に見る楽器というか・・・そんなテーマです。

楽器の出てくる落語には何があるかな。
上方は浄瑠璃根多が多いので、三味線はよく出るかな。
新作では三枝師の「君よ、モーツァルトを聴け!」で高座にピアノがでてきた。
江戸では、
初音の鼓
片棒の次男の場面
色々あるけど今回は、三遊亭亜朗さんのミュージカル落語を取り上げました。
以前「オペラ座の怪人」を見たんです。
高座?舞台?には、亜朗さんの他にピアノとチェロの伴奏者が登場します。
この3人編成がミュージカル落語「オペラ座の怪人」のレギュラー構成のようです。
ピアノとチェロのプレーヤーは二人とも女性なんですがね。
レギュラーのチェリストの名前が小倉あづきさんというんです。
芸名じゃなくて本名だそうです。
「おぐら」に「あづき」ですよ。
ご両親が名付けたのかどうか分かりませんが、女の子が生まれたらこの名前と決めてたんでしょうか。
粋なことしますね。
この名前のまま芸人になってもなんら違和感はありませんな。
亜朗さんは名前だけでウケるからじゃないと思いますが、あづきさんの入った「オペラ座の怪人」メンバーで全国を回っているようです。
お約束で、前説でいじるみたいなので、これから観るという方は楽しみですよ。きっと。

|

« 好きな酒 | トップページ | 争奪戦ということになった・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/47439895

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器あれこれエピソード:

« 好きな酒 | トップページ | 争奪戦ということになった・・・ »