« 空気人形 | トップページ | 襲名 »

2010年2月18日 (木)

2010.02.17 ちいさなあおいの会

落語カフェの公演に行ってきた。
講談2席だけの会。公演時間は1時間くらいだろうか。
出演はあおいさん一人。

■神田あおい 講談 荒木又右衛門~河合又五郎と悪刀
落語カフェではきつつき君との二人会が多いが今回は相方が都合が悪く一人だとのこと。
そこで落語が無いので、今回は講談講談した読み物二席という企画。
先ずは仇討ちもの。
前高座はきつつき君との二人会で演っている荒木又右衛門も連続物から「河合又五郎と悪刀」
講談の三代仇討ちというと、曽我兄弟、赤穂義士、そしてこの荒木又右衛門。
私の聴いた場面はというと、幼少の頃京都へ行って槍の修行をするとろから、間が抜けて助太刀で36人斬りのところ。
今回はその仇討ちの発端となった事件。名刀の贋作が絡む場面を聴いた。
あおいさんの侍は師匠ゆずりで、気高くてなかなかいい。

お仲入り

■神田あおい 講談 藤堂高虎 出世の白餅

いままで歴史上の人物としっての藤堂高虎は評判は良くなかったが、最近歴女の間では高評価だとのこと。
秀吉・家康両方に愛された人物だからなのかなと、あおいさんの言葉。
確かに最近の漫画イラストでは、かなり美形に描かれている。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/36/fc7759be7883d4524f33ddd1bd4514bf.jpg
http://ca.c.yimg.jp/gameinfo/1224647186/img.gameinfo.yahoo.co.jp/img/eg/report/20081023_spe_gemaga_01_25.jpg

その藤堂高虎出世のサクセスストーリー。
貧ゆえに無銭飲食した餅屋にさらに旅費まで貸してもらい、出世後この餅屋に恩返しをする物語。
私が多く聴いている神田の根多には無い読み物だ。
馬琴先生から習ったのだろうか。

平日の夜、ちょっと聞いて帰ろうかなという時にいいかなと思った会。
テーブル席で、温かいコーヒーを味わいながらの高座鑑賞というなかなか贅沢な時間を味わえた。
またお願いしたい。

3月20日にはすみれ先生で同じ企画の「ちいさな会」がある。
これはお得だなぁ。

|

« 空気人形 | トップページ | 襲名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/47600023

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.02.17 ちいさなあおいの会:

« 空気人形 | トップページ | 襲名 »