« 2009.12.12 講談女伊達~Japanese Soul Angels~白(ハク) | トップページ | インターネット落語会で12月中席 »

2009年12月17日 (木)

2009.12.15 三遊亭白鳥独演会

ラジオデイズ主催の落語会へ行ってきた。
白鳥独演会だ。この会はラジオで流れるらしい。
ネットからダウンロードでも聞けるようになるのだろう。
場所は日本馬指定(私のFEPはこう変換した)。
もとい日本橋亭。
白鳥師匠の会だから早くいかないと座れないかもと、退勤後速攻で駆けつけたんだが、そんな思いとは裏腹に、開場を待つ客は音にすると「ちらほら」といった感じだった。
荷物も有ったし、温かい風の来ている最前列に席を取った。
最前列に席を取った理由にはもう一つある。

■春風亭ぽっぽ  落語 ん廻し
圓朝まつり以来の生ぽっぽちゃんだ。
この噺は2回目だ。
登場人物の中で「六ちゃん」という粗忽者のキャラが好きだ。
アドリブの台詞も混じるようになり、板に付いてきたな。
二ツ目昇進が待ち遠しいよ。

■三遊亭白鳥  落語  ピンピンマン物語
この作品の素性を記しておく。
新作台本コンテストで入選しなかった作品を演ってみようと思った。
外れた中でも良い出来の方を選ぶかダメな物を選ぶか。
もちろんダメな作品を選んでみた。
それがこの噺。
86歳おじいちゃんの作品だそうだ。
場面が江戸時代、太平洋戦争、現代と時空を越えて無秩序に入れ代わったり、サゲが問いかけになっていたりで、どうしようもない作品だったらしい。(笑)
99%作り直した物をこれから演るということだ。
薬局のおじいちゃんが作った惚れ薬の噺。
男用が「ピンピンマン」女用が「ウーマンマン」
おじいちゃんが考えた商品名。これじゃねぇ(笑)
白鳥ギャグ満載でたいへん面白かった。
サゲがいい。
製品名やら個人名が沢山でてきたけど、放送できるのかな(笑)
タイトルは原作のままらしいが、自分だったらこのタイトルじゃ中身読まなくてもボツにしそう。

■三遊亭ぬう生  落語  ホストが来た村
過疎化が進む田舎の農家が舞台。
若い娘が来るように、都会のホストを雇う事になった。
さわりはこんな感じです。
マクラでこの噺は七人の侍のパクリだと言っていた。
調べてみたら、どうやらフラガールがモデルらしい。
福島弁モデルの田舎言葉が旨い。
これは結構好きな根多だとぬう生さん自身のブログに書いていた。
下ネタが結構出てきたが、この日のお客さんには向かなかった。
それから尺が長いかな。30分位の作品
途中で聴く集中力を欠いてしまった。
削るところ削って15分くらいのサイズになれば、だれることも無くなるだろう。
久しぶりにぬう生さんを聴いた。上手くなっていた。

お仲入り

■三遊亭白鳥  落語  死神・クリスマスヴァージョン
リストラされて、医師免許も剥奪されてしまい、急に貧乏になった元医者。
いっそ死のうと踏み切りに飛び込もうとした。
その時死神が現われた。
「死神」を現代風にアレンジした白鳥版「死神」の導入部の荒筋。
古典の「死神」の最後は主人公のロウソクの炎が消えてしまう(おそらく)オチだが、白鳥版は、更に続きがあり、この日のクリスマスバージョンは更に更に続きがあるという代物。
最初白鳥版「死神」を聴いたのは真打なりたての頃の独演会だったと思うが、この人ひょっとしたら天才じゃないかと思うぐらいすごいストーリーだった。
あれから更にパワーアップした噺になっていた。
クリスマスバージョンは、ラジオでやっていいのかというすごい事になった。
(下ネタという事じゃなくて)
続きを聴きたい?
じゃぁ10銭だしな・・・じゃなくて、
ラジオデイズを聴きな。(笑)

というわけで、窒息するほど超満員になることもなく快適な空間で快適な落語を楽しめた。
死神も、ピンピンマンも面白かったので、音源がアップされたらダウンロドしようかな。
でもぽっぽちゃんの音源は前座だから無いよな。(T-T)

|

« 2009.12.12 講談女伊達~Japanese Soul Angels~白(ハク) | トップページ | インターネット落語会で12月中席 »

コメント

ラジオデイズの落語会では「月刊ラジオデイズ」を配ってると思いますが、そこにコラムを連載しています。よろしければごらんください。

投稿: 松井高志 | 2009年12月18日 (金) 17時38分

松井さん、もちろん読ませて頂きました。
回数がオリンパスモビー寄席と一緒ということは、初回から書いて
いらっしゃるんですね。
すごいですね。

投稿: ヒロクン | 2009年12月19日 (土) 07時55分

オリンパスは毎回行っているのですが今回は仕事とブッキングして行けなかったです。
定席には頻繁に行っているんで生ぽっぽちゃんは月1のペースで遭遇しているんですが彼女最近髪の毛伸ばしていますね。しん平師匠の映画の関係でしょうか?

投稿: B.Blue | 2009年12月19日 (土) 08時28分

月刊「ラジオデイズ」さんには、創刊時にお話をいただき、今まで打ち切りの危機もなく連載が続いています。こみちさんのコラムの方がウケているかも……。以前出した平凡社新書と、ネタがかぶらないようにしていますので、いずれ量がまとまれば加筆して単行本化も可能ではあります。でもまだ32回め……。あと30回は必要?

投稿: 松井高志 | 2009年12月19日 (土) 09時09分

B.Blueさん、毎回行っているのはすごいですね。
そうなんですよね、ぽっぽちゃん、髪のばしてたんですよ。
私の下書き記事には書いたんですが、マニアっぽすぎるかと思って
本編には書かなかったんですが。
私も映画の為じゃないかなと思ってます。
女子高生ですからね。(笑)
ラジオデイズの「元気一番」で今度登場の際は本人から何かコメン
トがあるかもしれませんね。

松井さん、ぜひぜひ単行本化目指してください。
私も会に通って、協力しますよ。
でもあと30回は遠いですね。あと2年以上もか(笑)
たしかにこみっちゃんのコラムも面白いですね

投稿: ヒロクン | 2009年12月19日 (土) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/47037928

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.12.15 三遊亭白鳥独演会:

« 2009.12.12 講談女伊達~Japanese Soul Angels~白(ハク) | トップページ | インターネット落語会で12月中席 »