« 2009.11.07 高畑勲アニメ作品に挑む講談&浪曲の会 | トップページ | 隠し事 »

2009年11月11日 (水)

おすすめ

落語を聴いたことの無い人に、初めて聴いてもらうとしたら、どんな落語がいいかなというのが今回のテーマ。
発端はこのブログを発見したこと。
↓はじめての落語におすすめな噺は?
http://ameblo.jp/fushigi/entry-10381874215.html
この人、候補出し過ぎ(笑)
こういうの迷うんですよねぇ(笑)

昇太師は初めての人用にCD出しちゃいました
↓愛犬チャッピー、人生が二度あれば、壺算
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%90%BD%E8%AA%9E%E3%80%82-%E6%98%A5%E9%A2%A8%E4%BA%AD%E6%98%87%E5%A4%AA%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E4%BC%9A-%E3%81%BB%E3%81%BC%E6%97%A5CD%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%98%A5%E9%A2%A8%E4%BA%AD-%E6%98%87%E5%A4%AA/dp/4902516039
春風亭のまわしものじゃないですが、これは中々いい線いってると思いました。
新作からだと入り易い。
昇太師の壺算は逸品ですからねぇ。ハマると思いますよ。
しかし欠点もある。
これはDVDじゃないと面白さが半減だよ。
チャッピー君の、のたうち回っているところはCDじゃ伝わらない。

売り物だとこういうのもあった。
↓心をそだてるはじめての落語101 決定版
http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88-%E5%BF%83%E3%82%92%E3%81%9D%E3%81%A0%E3%81%A6%E3%82%8B-%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%90%BD%E8%AA%9E101-%E7%9F%B3%E5%B4%8E-%E6%B4%8B%E5%8F%B8/dp/4062149818
芝浜/ちりとてちん そこつ長屋/時そば 寿限無/じごく八景 子わかれ/牛ほめほか

初めての人に百も聴かせるのか(笑)
これを日本語で「拷問」という・・・
節度とかポリシーとか少しは持ってほしいなと思った商品です。

立川談笑師は、youtubeに映像を見付けたんですが、お薦めの落語家として志の輔師、昇太師を薦めてました。彼らのどの噺というのは無かったですが。

さて、じゃぁ自分は何を薦めるかです。
書きながらずっと悩んでいるんですよ。
薦める対象の人にも依ると思うし世代や性別に依ってもフィット感は違うと思うし・・・
御託を並べてますが、つまり考え中という事(笑)。

王道のオウム返しから「子ほめ」短いし。
「動物園「、「ぜんざい公社」あたりのプチ古典も聞き易いかなと思う。
先代(もうこう書かないといけない時代なんだ)の三平師で「湯屋番」。
馬鹿馬鹿しいところでは4代目小せん師の「犬の目」や「魚根問い」もはまると思うけどCDはあるのかな。寄席でしか聴いたことがないので。
権太楼師の「代書屋」もすごく薦めたいけれど、代書屋という職業が伝わらないかなと思うのでこのテーマでは却下しました。
聴くべき名作とかは無しにして、ハードルの低いものを選んでみました。
こんなところで如何でしょうか。

因みにヒロクンの初体験は何だったかというと、4代目痴楽の「ラブレター」
幼稚園児くらいの頃だったと記憶しています。

|

« 2009.11.07 高畑勲アニメ作品に挑む講談&浪曲の会 | トップページ | 隠し事 »

コメント

『子ほめ』『動物園』『ぜんざい公社』・・・「この人のCDで」というお薦めはありますか?
噺家さんによっては「落語ってつまらん」と思わせてしまう危険性があるような・・・。
いや、初めて落語を聴く、そして心が素直な人だったら、どんな人が演じても楽しめるかもしれませんね。

上方の話になってしまいますが、先日笑福亭鶴二師(六代目松鶴の最後の弟子。実は今惚れ込んでいます)で『子ほめ』を聴きました。
むっちゃおもろかったですよ。

投稿: 明彦 | 2009年11月11日 (水) 23時03分

明彦さんコメントありがとうございます。
お薦めのCDですか。
そうですね・・・
子ほめはいろいろCDがありますが、「柳家喬太郎 名演集1 寿限無/子ほめ/松竹梅」
が多くの通販店で取り扱われています。
数が出ているということなのでしょうかね
きょんきょんの子ほめは意外な取り合わせっぽくて寄席者としても興味をそそります。
「寿限無」も入っているし、初めての人向けにいいかなと。
意外といえば、談志師のもの。「落語名人集 付馬 / 子ほめ」はhmvサイトで見付けました。
何方も聴いてませんが、中身は間違いないと思います。
ぜんざい公社は桂春蝶師をお薦めします。
私が初めて聴いた「ぜんざい公社」でした。逸品です。
CDは「ビクター落語 上方篇 二代目 桂春蝶 1」がありますね。
「動物園」は枝雀師匠のはどうでしょうか。
もし単品で手に入れば「枝雀落語大全 第三十七集」DVDに入ってました。
この落語はライオン(上方は虎?)が歩く仕種もポイントなので、映像があった方がいいと思いました。

投稿: ヒロクン | 2009年11月12日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/46729646

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ:

« 2009.11.07 高畑勲アニメ作品に挑む講談&浪曲の会 | トップページ | 隠し事 »