« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

ゲン担ぎ喰い 新潟戦

Jリーグも33節。後2試合となりました。
五贔屓チームは前節既に降格が決まっている最下位チームと戦い、なんと負けてしまいました。
その結果、首位陥落の憂き目にあってしまいました。
今回の試合に負けたら、優勝は叶わなくなってしまう。
なので、ゲン担ぎ喰い。

続きを読む "ゲン担ぎ喰い 新潟戦"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

東京かわら版12月号

1126rimg0098s 来月号が届きました。
表紙がキラキラ光ってる。
この派手さはいったいなんだよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

ガーコン落語一代

立川流のキウイさんの著書の紹介を以前しました。
今回は、大御所川柳師匠の著書です。
↓【文庫】『ガーコン落語一代』川柳川柳著
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/091122/bks0911220823012-n1.htm

続きを読む "ガーコン落語一代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

2009.11.22 禁演落語を聞く会

夕方、なかの芸能小劇場で行われる「第2回禁演落語を聞く会」へ行った。
禁演落語とは、太平洋戦争中(昭和16年)に時局がらふさわしくないと見なされて、はなし塚に葬られた(自粛した)落語のこと。
対象は廓噺、間男等の浮気もの、宗教に係わるものなどがあり、全部で53演目。
この会はその全53噺を口演しようという企画だ。
注意したいのは、あくまでも古典落語が対象で、団鬼六先生の小説のような噺はありませんよ。(笑)
そういうのは別を当たってください。
非常に残念ではありますが。

続きを読む "2009.11.22 禁演落語を聞く会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

2009.11.21 本牧亭土曜講談会

夕方寒かったですが本牧亭へ行った。
土曜講談会があるからだ。
この会は土曜の夜、日本料理本牧亭の料理を楽しんでいるお客さんに飲食代だけで講談を一席楽しんでもらう会。
常連客の間では、この会をディナーショーと呼んでいる。
この会の説明をいつも書いているので、ご常連は目にもタコかもしれない。
これはいつどのページが、文中の単語に引っかかって検索されるのか分からないので、このように書いているんだ。
噺は戻って、この日の様子です。

続きを読む "2009.11.21 本牧亭土曜講談会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

うどん屋

冬の落語は芝浜、富久、ねずみ穴色々とあるが、今回は食べ物系の話題。
食べ物系だと、「時そば」、「うどん屋」が浮かぶ。
「時そば」は、江戸時代の噺でこの時代の屋台の蕎麦は夜鷹蕎麦とも呼ばれていた。
「できます物は花巻にしっぽく」という台詞がある。
花巻とは、かけそばに浅草海苔を乗せたものだという。
しっぽくは、しっぽくうどんが蕎麦に代わったのだろう。鶏肉やその土地の野菜等を煮込んで蕎麦に乗せたものだが、落語を聞く限りでは屋台となると竹輪か竹輪麸のようだ。
思うに、昔の時代の屋台である。ぼてふりなのでできるだけ軽くて傷みにくい具がいいだろう。
となると、乾燥した浅草海苔はもちろんだが、竹輪よりは竹輪麸を使っていた店が多かっただろう。

続きを読む "うどん屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

講談「紅白歌合戦」

みなさん、覚えていますでしょうか。
紅白歌合戦で、生方アナウンサーが都はるみさんのことを、よりによって犬猿の仲の美空さんと何故か言ってしまった「ミソラ」事件。
私はこのテレビ番組は見ていませんでしたが、芸能ニュースか何かで知りました。
その時の事を講談にした講談会が開かれます。
↓「ミソラ発言」いま語ろう 元NHKアナ生方恵一さん
http://www.asahi.com/showbiz/stage/rakugo/TKY200911160001.html

続きを読む "講談「紅白歌合戦」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

万年前座

11月の東京かわら版をなくしてしまい、定席情報意外は全く見えていない状態のヒロクンであります。
今回は時間がないので簡単に告知だけです。

キウイさんの著書「万年前座」出版記念トークライブが11月28日に開かれます。
自費出版じゃないですよ、なんと(失礼)新潮社から出ます。
シャレじゃありません。マジです。
↓万年前座~僕と師匠・談志の16年」刊行記念トークライブ
http://natalie.mu/comic/news/show/id/23725

11月7日にも広小路亭で出版記念落語会が開かれましたが、今回は落語ファン以外にも広く知ってもらおうということなんでしょうか。
立川談之助、立川左談次、漫画家風間やんわりの方々がゲスト出演。
土曜の午後というLOFT/PLUS ONE時間じゃないような時間帯(笑)
お時間のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月17日 (火)

2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部<の続き>

明日の朝7時前は獅子座流星郡のピークだそうです。
早起きの人は見えるかな。今日は雨だったけど。
さて、昨日に引き続きまして、末廣亭昼席の後半を書きます。
19組出ましたからねぇ、二つに分けて丁度いいくらいのボリュームだ。
実は先日からぽっぽちゃんインフルエンザにかかったようだ。
この日居なかったのは未だ休んでいるのかと思ったら、別の所の会に出ていたとのこと。
治って良かった。
それから末廣亭にはもう一人女の子で歌る美ちゃんが入っているんだけど、この娘も見なかった。
そして扇ちゃんでは無い知らない女の子がいたんだ。
新しい前座さんだろうか。
まぁいいや、そでれは続きですよ

続きを読む "2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部<の続き>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部

先日の土曜日に末廣亭定席昼の部へ行ってきました。
15日までだった「江戸家猫八」襲名披露興行です。
11時20分に末廣亭到着。既に20名位は並んでいました。
今日明日は末廣亭の披露興行唯一の土日開催。
沢山の人で賑わうでしょう。
祝いの花が下手には王監督(元)、上手には九重親方からのが置かれていました。
スポーツ界からというのが猫八師匠の人脈の幅なんでしょうか。
何故末廣亭の披露興行を選んだのか、それは言わずもがなですが、ぽっぽちゃんが入っているから。
さあ春風亭ぽっぽちゃんの高座は如何に!

続きを読む "2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

聞いてビックリ!?

私が使っているブログのココログには、ブロガーが根多に困った時のために「ブログ根多」という根多提供サービスがあります。
それを使ってみようと思います。
選んだのは「聞いてビックリした方言は?」というテーマです。
それだけじゃ普通のブログになってしまうので、且つ落語根多でいきたいと思います。

ブログネタ: 聞いてビックリした方言は?参加数

続きを読む "聞いてビックリ!?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

隠し事

実はみなさんに暫く隠し事をしておりました。
書きたくてうずうずしていたのですが、未だ自分だけのものにしておきたかったことがあったんです。
でもよく考えたらその、ソース自体がブログなので、既に全世界へ向けて公開されている情報じゃないかと。
何も私が隠すことじゃないなということで、ここで反応したいと思います。

続きを読む "隠し事"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

おすすめ

落語を聴いたことの無い人に、初めて聴いてもらうとしたら、どんな落語がいいかなというのが今回のテーマ。
発端はこのブログを発見したこと。
↓はじめての落語におすすめな噺は?
http://ameblo.jp/fushigi/entry-10381874215.html
この人、候補出し過ぎ(笑)
こういうの迷うんですよねぇ(笑)

続きを読む "おすすめ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

2009.11.07 高畑勲アニメ作品に挑む講談&浪曲の会

週末のこと、ジブリのお膝元の三鷹で催された高畑アニメを話芸で聴く会へ行ってきた。
お客さんの反応から察すると、過半数以上はアニメファンで、浪曲、講談は初めてという人たちだ。
また、ゲームやアニメのクリエータや漫画家という映像のプロの人たちの姿も見かけた。
この日の演目の原作アニメ「ぽんぽこ」と「三千里」は有るのは知っているが、見ていない作品だし、私からするとここはアウェイだった(笑)

続きを読む "2009.11.07 高畑勲アニメ作品に挑む講談&浪曲の会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

インターネット落語事情

落語界のニュースといえば今だに圓楽師の記事が殆ど。
食傷気味なので、少し変わったところから引っ張ってみた。
インターネット落語に関する記事だ。
その記事の事や、今のネット落語事情について書こう。

↓落語番組『いーふろん亭ぽっど寄席』60万ダウンロード突破
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=235603&lindID=1

↓【YouTube】落語協会、インターネット落語会配信開始
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1103&f=entertainment_1103_003.shtml&pt=large

続きを読む "インターネット落語事情"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

オフサイド?

未だ師走では無いが、芝浜(「師バハマ」で変換されてビックリした)のビデオを見た。

ハロウィンが終わると即クリスマスイベントや商戦が始まる。
というわけで、少し早いいけどいいのだ。

続きを読む "オフサイド?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

意気消沈

火曜日の結果がショックで、意気消沈しております。
ルーターもPCも月曜には復活したのに・・・
自分も復活しないと。
しかし機械じゃ無いので、「はいそうですか」とスイッチは切り替わらない。

どうせいちゅんじゃ>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

二人の噺家の死

圓楽師の事についてもちゃんと書かなければならない。
その前に、圓楽師のニュースの影に隠れるようになってしまいましたが、
立川文都師もお亡くなりになりました。享年49歳。
この師匠は聴いたことありませんでした。
東京で、上方落語を立川流で演るというマイナー中のマイナーを行っていたんじゃないでしょうか。
年齢的にはヒロクン世代。これから一つも二つも花を咲かせたでしょうに。
ご冥福を祈ります。

それでは、圓楽師のこと。
師匠とも・・・実はあまり接点とか無かった。

続きを読む "二人の噺家の死"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

またまた告知のような・・・

馬るこ、たけ平、菊六三名の落語会があります。
時間があまりありませんが、お知らせします。

2009年11月3日(火・祝)
18時20分開場
18時45分開演
お江戸日本橋亭
木戸2千円
鈴々舎馬るこ 「阿武松」
林家たけ平  「あたま山」
古今亭菊六  「井戸の茶碗」

これだけだと、只の告知になってしまうので、もう少し書く。
この落語会は芸術祭参加公演となっている。
ということは、当日は審査員が何名かみえるということだ。
たぶん先頭のイス席真ん中あたりにいるんじゃなかろうか。
二ツ目の会でも芸術祭に参加できるんだな。
この会の3名を含む同期10名は本当に仲がよい。
落語カフェの公演はこの10名の組み合わせで様々な会を開いている。
他に友人はいないのかと言いたくなるくらいだ。
それからもう一点。
開口一番が、馬桜師だということ。
どうして?
馬るこさんとは兄弟弟子なので、仲がいいのは分かるけど・・・
例によってヒロクンは行けませんorz

続きを読む "またまた告知のような・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »