« 2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部 | トップページ | 万年前座 »

2009年11月17日 (火)

2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部<の続き>

明日の朝7時前は獅子座流星郡のピークだそうです。
早起きの人は見えるかな。今日は雨だったけど。
さて、昨日に引き続きまして、末廣亭昼席の後半を書きます。
19組出ましたからねぇ、二つに分けて丁度いいくらいのボリュームだ。
実は先日からぽっぽちゃんインフルエンザにかかったようだ。
この日居なかったのは未だ休んでいるのかと思ったら、別の所の会に出ていたとのこと。
治って良かった。
それから末廣亭にはもう一人女の子で歌る美ちゃんが入っているんだけど、この娘も見なかった。
そして扇ちゃんでは無い知らない女の子がいたんだ。
新しい前座さんだろうか。
まぁいいや、そでれは続きですよ

■古今亭志ん五  落語  不精床
久々に師匠の落語を聴いた。
少々粗削りな芸のところが、この根多にはあっていた。
師匠の独特の髪形くずれずに終了(笑)

■ぺぺ桜井  ギーター漫談
ぺぺ先生は、ハマると面白いんだが、この日はやや受け。
久しぶりにハーモニカを吹きながら唄う芸をやった。
しかしあれはやらない方がいい(笑)
いつも思うのだけれど、歌と違う曲のギターがよく同時に引けるものだ。
まぁそれが芸なんだろうけど。

■柳家さん喬  落語  天狗裁き
この日のもう一つの目当てだったのが、仲トリのしん平師。
現在公開中映画「雷牙」のエピソードが聞けるかなと期待していたんだ。
そうしたら、代演だって。
それも、スターさん喬師匠。
これ当たりだったのかはずれだったのか、ん~~~
仲とりなので少し時間をもらっての「天狗裁き」
良かったです。
これだけで入場料分聴いたくらい。
いやいや、前に上がった人達がダメってことでは無いですよ。
この高座が良かったという例えですから。

お仲入り

■柳家小里ん 落語  手紙無筆
PCのキーボードに一生懸命「むしつ」と入力して変換できねぇ!と苛立ってしまいましたが、指が江戸っ子化しているだろうか。
恐ろしや。
小里ん師匠を近くで見たら、笑顔が意外と可愛いというのを発見した。

■柳家紫文  俗曲
「火付け盗賊改めの長谷川平蔵がいつものように両国橋のたもとを歩いていると、一日の仕事を終えたであろう○○が、足早に平蔵の脇を通り抜けます。すると向かいから水商売らしき一人の女が。
この二人が橋の上ですれ違うというその時、この○○が前のめりに崩れぇ落ちる。・・・」
三味線を弾きながらこう語られると、時代ハードボイルド小説か、なにか粋な小唄か都々逸でも出てきそうな雰囲気になる。
ヒロクンも初めて聴いた時はそうだった。
で、実は全然違う芸だと気がついたのは2個目を演った時だった。
この日のお客もそんなリアクションだった。
綿屋の背負った荷物が崩れ落ちた・・・コットン  (∵) キョトン
石屋の背負った荷物が崩れ落ちた・・・ストーン  (^。^)そっ そういう芸か
3つめからはそいう目で観て聴くようになるんだ。
最後の根多は某おかまとすれ違う。
「姉さん世界一になったんだって?」
「たまたま取っただけ」
上手い!
紫文さん腕上げたね。
それにしても芸種は「俗曲」でいいのか末廣亭さん

■柳家さん八  落語 親子酒
さん八師匠が高座に着いた。
三頭身で鼻の穴が前を向いている姿を見ているだけで面白い。
人情噺は合わないだろうな。
主人は、だんだんといい感じに酔っていった。
巨人優勝の日はこうだったのだろうか。
おめでとうゴザイマス。

■金原亭伯楽  落語  真田小僧
伯楽師でよくこの根多を聴く。
小三治師でよく聞く伯楽師の話は、若いころ北海道バイクツーリングで事故った話。
この日もその出来事を思い出した。

■翁家和楽社中  大神楽曲芸
少し前は、和楽・小楽のお二人に若手の和助さんが加わった三人での高座だったが、
最近は和助さんがピンで出る高座を見るようになった。
そして、和助さんの代わりに、小花さんが加わった。
難しい五階茶碗の曲も上手にこなしていた。
娘さんなのだろうか

■江戸家猫八 昼主任
色物さんのヒザは色物さんで良かったのだろうかという疑問も少しありますがそれはおいといて、江戸家猫八師匠の登場です。
結局仲入り後の襲名披露口上はありませんでした。
立ち高座。
白のブレザー姿で清々しい。
でも若いようで、今年で60歳ですよ。
猫八であとどれくらい芸ができるのか、襲名はもう少し早くても良かったんじゃないかと思います。
伝家の宝刀「うぐいす」は生で久々に聞いた。
でも一番好きなのは「さかりの付いた猫」。
懐かしかった。
動物鳴きまね芸なので、手締めは柴犬の鳴き声での一本締めだった。
「ワワワン・ワワワン・ワワワンワン」
色物さんの披露興行は初めての体験だった。色々と楽しめた(色物さんだけに?)。
これに合わせて手拍子で締めました。 
結局お客さんは二階席までびっしりと埋まりました。
酸素薄かった(T-T)
喫煙スペースが客席側から閉ざされて外からのみ使えるようになったので、休憩中は煙に巻かれなくても良くなりましたね。
末廣亭も少し変わっていました。
襲名披露興行の方は今週の金曜までは池袋です。
東京の寄席は池袋で終わりのようなので、行きそびれている人はお早めに。

あ、ワンちゃんとウルフで動物つながりか(笑)





1114rimg0025 最後にちょっと追加しました。
末廣亭のプログラムに、圓楽襲名披露興行のことが出ていました。来年3月下席だそうですよ。これはオフィシャルなコメントなので間違いないでしょう。

|

« 2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部 | トップページ | 万年前座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/46778854

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部<の続き>:

« 2009.11.14新宿末廣亭中席昼の部 | トップページ | 万年前座 »