« 猫八襲名披露 | トップページ | 雷牙 »

2009年10月15日 (木)

あたま山

喬太郎師のWEBエッセー「落語こてんぱん」の最近のエントリーの題だけですがそのまま貰った。

この落語は最初は誰のを聴いたんだろうか。
上方の噺家さんだったと思う。
ということは枝雀師匠かな、TVで。
落語で聴く前に、子どもの頃アニメで見たんじゃなかったか。
たしか落語を聴いた時は既にストーリーを知っていたように思う。
日本昔話だろう。
荒唐無稽さは子供に向いている。

喬太郎師によると上方では雀々師の十八番で、演られているとのことだが、お江戸の寄席では最近聴いたことが無いな。
上方のお客さんは馬鹿馬鹿しいのや荒唐無稽なのは好きみたい。
「地獄八景亡者の戯れ」みたいなのとか。
お江戸のお客は荒唐無稽すぎて、ついてこられないのかな。
ストーリーは知っている人多いはずなんだけど。
リクエスト特集みたいな企画があったら、出してみようか。
とここまで書いて思い出した。
芸協らくごまつりで演るんだった。
この日の午後は別件があって、時間的に微妙なんだな。
聴けるか。

|

« 猫八襲名披露 | トップページ | 雷牙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/46494266

この記事へのトラックバック一覧です: あたま山:

« 猫八襲名披露 | トップページ | 雷牙 »