« 2009.09.12 本牧亭土曜会 | トップページ | 話術 »

2009年9月15日 (火)

与太郎の真相

落語ブームと呼ばれている昨今です。いまさらですが。
落語関連の映画も毎年公開されています。
今年の映画では「小三治」が面白かったです。
映画だけじゃなくて落語に関係する芝居もやります。
「落語の世界のスーパーヒーロー与太郎の真実をミュージカルで描く異色作。」
だそうです。
「古典芸能かつピン芸の落語に真正面から勝負を挑む。」
だそうですよ
与太郎が主人公です。
↓「極楽歌劇団」新作を引き下げて東京にやってきます!
http://media.yucasee.jp/r/detail/3066

地元大阪は3日間公演ですが、東京は10月16日の1日2回公演。
与太郎ミュージカルですか。
コメディなのかシリアスなのかどうなんだろう。
目のつけどころは面白いと思いました。
一応紹介しておきます。

|

« 2009.09.12 本牧亭土曜会 | トップページ | 話術 »

コメント

これ、チラシを見てちょっと気になっていたのですが・・・。
よく読むと大阪の劇団で大坂が舞台なのに、「喜六」でなく「与太郎」なんですね。
勿論喜六は、同じ役を演じることはあっても与太郎とは全くの別キャラですし・・・。
(偽)大阪人としては「どんなんかなぁ」と思えてしまうのですが。

投稿: 明彦 | 2009年9月16日 (水) 00時22分

明彦さん、コメントありがとうございます。

喜六、気がつきませんでしたが、言われてみればそうですね。
なんででしょうか。
東京でも公演するので、全国区の与太郎にしたのか、
与太郎じゃないとならない理由が、ストーリーの中にあるのかもしれませんね。

気になりますね

投稿: ヒロクン | 2009年9月16日 (水) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/46220780

この記事へのトラックバック一覧です: 与太郎の真相:

« 2009.09.12 本牧亭土曜会 | トップページ | 話術 »