« 怪談の季節になったんだけど | トップページ | 住吉踊り »

2009年8月13日 (木)

さん喬、権太楼

今日は鈴本の中席の話題というか、さん喬、権太楼の二人について。
先ずはニュース記事を紹介します。
↓「静」のさん喬、「動」の権太楼 認め合い磨く寄席
http://www.asahi.com/showbiz/stage/rakugo/TKY200908070256.html
>芸論を語り合うことはほとんどない。それどころか、打ち上げも別々に開くという。「負けたくない」とのライバル心は消えていない。

>プライベートで迎合すると、妥協して戦わなくなる」とさん喬。権太楼も「認め合っていたら、口をきかなくてもいいんです」。仲良し同士の落語会が目立つ昨今の風潮への警鐘にも聞こえる

この二人は本当は仲が良いの?悪いの?
それともこの話題はタブーなの?
当事者の二人は勿論の事、他の噺家さんのマクラ等でこの二人の仲について今まで聞いた事がない。
仲の良し悪しは分からないがこの二人の人気はすごい。
8月中席は、鈴本のドル箱企画だ。
席亭は客は入れば何だっていい、客はさん喬が聴ければ、権太楼が聴ければそれでいいという事か。
なんか仲が悪い前提で書いているみたいだけれども、そうじゃありませんよ(笑)
どうなのかなと想像しただけ。
さん喬師の方が一つ年下だけど3年先輩という関係も微妙だな。
いやいや仲が悪い前提で書いているみたいだけれども、そうじゃないってば(笑)
歌る多・菊千代両師は同じように歌る多師が年下だけど先輩という関係だけれど仲いいじゃないですか。
彼女たちの敵は、旧態依然とした落語界の慣習か。敵の敵は見方?
話がややこしくなるから、彼女たちは下がって頂いて話題を戻す。
筆者の井上さんが書いている「仲良し同士の落語会」というのはSWAも含んでいるのだろうか。
彼らは仲良いからね。井上さんは、SWAみたいな仲良し会は好きじゃないらしい。
こういう会が目立つ昨今の風潮への警鐘と井上さんは書いている。
という事は仲良しは敵だということ。
やはり二人は仲が悪いと井上さんは言いたいたいんだな。

|

« 怪談の季節になったんだけど | トップページ | 住吉踊り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45913490

この記事へのトラックバック一覧です: さん喬、権太楼:

« 怪談の季節になったんだけど | トップページ | 住吉踊り »