« さん喬、権太楼 | トップページ | 新宿はアロハ »

2009年8月14日 (金)

住吉踊り

池袋、鈴本の夏イベントを書いてきたので、浅草の夏の風物詩にも触れておこうかなと。
浅草の8月中席は「住吉踊り」
一応幹事というのか責任者が落語協会員なので、落語協会の席で催されているが、住吉踊りを踊るメンバー達は芸術協会や、講談協会、漫才や奇術等他の団体所属の人たち、お囃子三味線のお師匠さんや寄席を支える人たちもいる。
トリネタが大喜利というのかな、この住吉踊りでその日の出演メンバー総出演で約30分くらいだろうか、かっぽれ、奴さん、なすかぼ、深川、一人だったり大勢だったり、人形振りだったり、コメディーぽかったりと趣向をこらした寄席踊りが披露される。
団体という垣根を超えた演者の高座もまた楽しい。

この会の発起人となるのかな、主要メンバーだったのが志ん朝師。
2001年の住吉踊りを偶然観る事ができた。
当時自分でHPを開設して寄席の事を記していたが、この年の住吉踊りには触れていないのに驚いた。

なので記憶だけで振り返ることにする。
志ん朝師の高座は短めの漫談だったと記憶している。
楽日も近い日なのだったのもあり、かなり疲労感が顔や様子に出ていたなという印象だ。
それでも踊りの舞台にはちょこまか顔を出して、踊ったりツッコミを入れたりしていた。
そしてその年の秋、帰らぬ人となった。
元気な高座としてはこの2001年の浅草中席が最後だったんじゃないかな。
最後に間に合ったというのが亡くなった時の私の感想だった。
そして翌年、志ん朝師の一周忌のつもりで、再び浅草の住吉踊りの興行に出かけた。
公演の途中で誰も座っていない座布団に、老松が聞こえてきた。
めくりも「志ん朝」だったかもしれない。
泣きそうになった。
そんな事を住吉踊りというと思い出す。
その後は浅草の8月中席は行ってない。
湿っぽくなるからではない。

だって混んじゃってもう大変なんすから(笑)
夏休みなんだから、郊外にでも出かけろよ>お客 と言いたい。
「おまえもな」という声が・・・・ 空耳?

|

« さん喬、権太楼 | トップページ | 新宿はアロハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45913995

この記事へのトラックバック一覧です: 住吉踊り:

» 「着れるけど、着れないTシャツ」 [たそがれ男の頭ン中 森]
こんにちは! かえるです!! 唐突ですが、今までボクだけベラベラしゃべってスイマ [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 02時42分

« さん喬、権太楼 | トップページ | 新宿はアロハ »