« 下駄の日 | トップページ | IT事情白鳥師匠編 »

2009年7月23日 (木)

この一枚柳家小三亀松

ネタがない時のコーナー。
持っているCD/DVDの紹介です。
今年の2月に他界されました柳家小三亀松師匠のCD。
0719rimg0077 「どどいつ集大成 どどいつ一筋30年」<非売品>
都々逸の歴史や、面白さを、唄いながら紹介しているもの。
この非売品のCDをどのようにして入手したのかを書かねばならない。

数年前、名古屋にある、あの大須演芸場に行った。
(大須演芸場の冠詞には、あのとか、例のとか付けたくなります)
大東両閣下は未だガンダムを切る前の頃のこと。
第一の目的は東京を離れて名古屋へ移った獅篭さん達が元気でやっているか高座姿をみるため。
その時出演していたのが、御大三亀松師匠。
都々逸の高座の途中にクイズ都々逸というのがあり、それに正解したお礼にその場で師匠から貰ったもの。
普段のお江戸の寄席では紙切りリクエストとか、マジックの手伝いとか率先して出るタイプじゃない。
この日は事情があった。
昼の1回目の興行だった。
お客が、私とそれから恐らく地元の中学生だろう女の子とその家族か親戚と思われる5人組。
この2グループだけだった。
このクイズ都々逸に最初は「お嬢ちゃん分かる?」と師匠が聞いた。
女の子は答えを分からなかった。
座席を見渡しても別の島には私しか居ない。
で、答えないと場が盛り下がってしまうとな思い、私が答える事になってしまった。
そういう事情があって手に入れたというもの。

どんなクイズだったかだって?
♪肉屋の夫婦に双子ができた。
  これが本当の♪  ・・・
さて何でしょうか?というもの
これに大の大人が大手を挙げて、
ハイハイ(´▽`)/シ  ・・・はし辛いでしょ(笑)

ps.
いただいたCDを携帯音楽プレーヤーで聞くために、一旦PCに取込むわけです。
この時CDDB(世界中のミュージックCDの情報を管理しているデータベース)に登録されているものならば、アルバムタイトルや演奏者、曲名等自動的に付加されてPCに記録される仕組みです。
やっている人は分かると思いますが、自分で手入力しなくていいので非常に便利な機能です。
このCDは非買品にも関わらず、見事にこのDBにヒットしまして、自動で登録できてしまった。
きっと誰か(制作関係者か、マニアか誰なのかわかりませんが)が登録したからですけど。

そんな思い出のあるCDです。

|

« 下駄の日 | トップページ | IT事情白鳥師匠編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45678343

この記事へのトラックバック一覧です: この一枚柳家小三亀松:

« 下駄の日 | トップページ | IT事情白鳥師匠編 »