« 黒手帳に頬紅を | トップページ | 酒の話とか »

2009年6月 2日 (火)

あのときかぁ

円丈師の記事が出ていました。

↓あのとき落語が変わった 78年、円生の落語協会分裂騒動
http://www.asahi.com/showbiz/stage/rakugo/TKY200905300097.html

円生一門の脱会事件は78年の5月だったんですね。31年前の出来事か。
あの事件、そして円生師の突然の死がなければ、今の円丈落語は無かったという切り口。
いろいろな雑誌やニュース記事で新作落語を語る時に、円丈前と円丈後という分け方をしてきた。
この現在の新作落語の起点円丈師は今古典落語に熱を傾けている。
確かに円丈師の古典落語の独演会が年何回か有ったのを覚えている。
三遊派の古典落語の継承と活性化も師匠は自分の任だと感じていたんだな。
大看板が立ち並ぶ中、円丈師の評価があまりなされていないように感じていたので、こういう記事を見つけると、見る人は見ているんだなという感じ。

|

« 黒手帳に頬紅を | トップページ | 酒の話とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45214879

この記事へのトラックバック一覧です: あのときかぁ:

« 黒手帳に頬紅を | トップページ | 酒の話とか »