« ヘイジュードー♪ | トップページ | 2009.06.27 柳家喬太郎横浜港開港150周年記念独演会 »

2009年6月26日 (金)

金明竹

今日の東京は真夏日を記録した。
炎天下を歩いたのでかなり焼けたもよう。

さて、ちくま文庫の「落語百選」によると、落語「金明竹」は夏の落語である。
まったくそんな季節感は感じられないので意外だった。
むりやりにこじつければ、最後の「蛙飛び込む」のところかな。
雨蛙は夏のイメージがする。
いや、蛙の季語は春だな。
じゃぁあそこだ。
「この長雨で使い尽くし、骨は骨、紙は紙・・・」
長雨とは梅雨の事なんじゃないかな。
それくらいしか思い当たらない。

話題は変わります。
最近おたまじゃくしが降ってくるようですが、原因はなんなんですかね。
力士を振ったのが原因でしょうか。

おたま降る 神代もきかず 竜田川・・・・

|

« ヘイジュードー♪ | トップページ | 2009.06.27 柳家喬太郎横浜港開港150周年記念独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45458926

この記事へのトラックバック一覧です: 金明竹:

« ヘイジュードー♪ | トップページ | 2009.06.27 柳家喬太郎横浜港開港150周年記念独演会 »