« 噺家も参加するwebエッセー | トップページ | 2009.06.13 本牧亭土曜会 »

2009年6月12日 (金)

落語カードに着出囃子

コンビニの「サークルKサンクス」と落語協会がコラボしてしまいました。
コンビニが出てくる落語はありますが、コンビニが落語関連商品を出すんですね。
↓サークルKサンクス、「二八ざる蕎麦」と「わさびと五目のおいなりさん」を販売
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=222438&lindID=2

「してしまいました」は失礼だな。(笑)
でも何故サークルKサンクスがこの時期に、落語協会監修の商品を出したのか。
よく分かりません。
おまけの落語カードなるものは3種類。「王子の狐」、「時そば」、「そば清」
ソバといなりつながりでこの落語が選ばれたんだと思います。
落語が演じられる季節は、王子の狐は初午の頃(冬)、時そばは夜鷹ソバが出回る冬季(10月から3月あたり)であり、新ソバが出回る時期とも重なっている。そば清はせいろソバを食べるので春~初夏に演じられることが多い。
コンビニの商品イベントをするなら初午の季節も含まれる、新ソバの季節の冬季にぶつけた方がソバ好きで落語好きのヒロクンとしては、納得いくところ。
コンビニという商売だからこそ、季節感を大切にしてほしかった。
監修の落語協会は何故今で良いと判断したのだろうか。

今やるイベント商品なら冷し中華とか、冷しうどん、冷ややっこ・・・・
落語が無いな(笑)。
冷ややっこに酢豆腐というわけにもいかず。
青菜があるじゃねぇか。あ、青菜は「その名を九郎判官」だったな。
落語協会も辛かったということだろうか。

|

« 噺家も参加するwebエッセー | トップページ | 2009.06.13 本牧亭土曜会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45306790

この記事へのトラックバック一覧です: 落語カードに着出囃子:

« 噺家も参加するwebエッセー | トップページ | 2009.06.13 本牧亭土曜会 »