« サンケイシンブンシャ | トップページ | 逆輸入 »

2009年5月17日 (日)

芸術の春

芸術は秋だけのものではありません。
地元では今こんな催しをしてます。
↓開館10周年記念展 「岡本太郎の絵画」
http://www.taromuseum.jp/
生田緑地に美術館が出来てもう10年ですかぁ。
早いですね。もう何回観たか分からないくらい行きましたよ。

それからこれ、ルーブルの至宝が日本に。
↓2009年、東京で2つの「ルーブル美術館展」開催
http://www.louvre2009.jp/index.html
私が12歳の時でした。父親に連れられて初めて観た生の絵画でした。
印象派の画家たちの光・色・線
近代西洋美術館のあの松方コレクションが私を絵画の世界に引き込ませた大切なもの。
今でも常設の絵を観て元気をもらっています。

岡本太郎、池田満寿夫、ウォーホール。
キューピズムからダダイズムを経てネオダダからポップアート。

20世紀の巨匠達亡き後の21世紀に出現したポップアートの旗手

ここに

現る。

死んでしまったと思われていたポップアート界に光が差しました。

21世紀のポップアートとは現実と妄想

↓21世紀のポップアート展
http://ameblo.jp/aoi0309/entry-10260518798.html







たぶん本人は分かってないと思います。

|

« サンケイシンブンシャ | トップページ | 逆輸入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/45033173

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の春:

« サンケイシンブンシャ | トップページ | 逆輸入 »