« 豪州旅行記その1 | トップページ | 豪州旅行記その3 »

2009年4月15日 (水)

豪州旅行記その2

寝不足で始まった2日目は、とりあえず宿泊先のホテルに荷物を預けて16時まで自由時間。
昨日までのシドニーは雨続きだったそうですが今日は気持ちの良い快晴。
4月のシドニーというと10月はじめの東京と同等な気候。
今日はTシャツ1枚でOKの気候だ。
ではリュックに水のペットボトルとカメラを入れて出発です。

030 ホテルは、シドニーの中心セントラルステーション駅近くにあり街を散策するには丁度良いロケーションだった。
ここからの半日の行動計画です。
セントラルステーション駅から電車で北のミルソンズポイント駅まで行って、そこから南へ歩いて下ってくるという予定だ。
電車のセントラルステーション駅へ向かう途中に有る路面電車のキャピトルスクェア駅の周辺を撮りました。
Crw_0837 写真の画質の違いが分かるかな、ポケットサイズのデジカメからCrw_0840_2kssDigitalに変わりました。
ここからはKissが多く使われます。

Crw_0841 セントラルステーション駅が見えてきました。
時間は未だ9時前。
Crw_0842 次々と仕事に向かう人々が出てきます。

さていよいよ電車に乗るわけです。
024 これは駅にある路線案内版。
行きたい駅のある路線を探すと乗るプラットホームが何番線か分かる。
因みにミルソンズポイント駅はノースショア線で、16番線に乗る事になります。
東京でJRや地下鉄に普通に乗っていれば案内表示と直感(経験)で乗れるので怖くないですよ。
ここでアクシデント発生。
2台しかない切符の自動販売機の内1台が故障中。
オージーはのんびり屋なので長蛇の列でも並びます。
でもこちとら江戸っ子でぃ(嘘)
人が券売している窓口へ向かう。
なんとかジャパニーズイングリッシュで購入しました。
因みに片道で買うより、乗った駅から帰るのならば往復を買った方が安い価格設定になっています。ヒロクンは片道だったので「シングル・チケット ワンプリーズ」で通じました。
往復はリターンチケットで通じます。(アメリカだと帰りのチケットの意味だけど)
片道3駅で4.2AU$(約340円)。日本と比べると高めな価格。
Crw_0844 ホームは東京でもおなじみのラッシュの様相。
電車が入ってきました。電車は2階建てなので、景色を眺めたい人は2階へ上がるといいです。
この電車は撮影用でヒロクンはこの次の電車で、3駅先のミルソンズ・ポイント駅へ向かいました。
途中2駅は地下鉄で、ハーバーブリッヂの前から地上にその姿を現します。
Crw_0848 都心から僅か3駅の港町にある住宅地の駅でした。
もう喧騒はありません。
降りると肉の焼けるいい香りが・・・
写真は駅出口右側にある軽食店で朝食をテイクアウトして駅前のベンチで食べている時のもの)
Crw_0847 日本でいう立ち食いそば屋なのだろうハンバーガー等の軽食を売る売店があった。
イギリスから移民と共に移ってきた庶民の味「フィッシュ アンド チップス」を食べてみた。
ミール ディールというのはセットメニューのこと。
ここではメイン+チップス(ポテトチップスじゃなくてフライドポテトのこと)
そんなことも今回の旅行で分かった。
注文してから揚げ始めるので5分くらい待った。
ヒロクンのイメージではここのフィッシュアンドチップスとは、フィレオフィッシュにポテトのSだった。それにしては高いかな、でもハンドメイドだからかななんて思ってたわけですよ。
出来てきたパッケージを見て驚いた。一片30センチはある。
出前ピザのパッケージのサイズ。
027 中身はこんな感じ。魚は25センチ位のサバの半身の形。ポテトはマックのLサイズ4個分くらい入っていた。
揚げたてで美味しいけれど、全部たべる事はムリ。
魚半分とポテトは1/3食べた。
もうこれで十分。御馳走さまでした。

ガソリンを詰めたのでこれから本格的に歩きますよ。
ここから世界一の広さを持つハーバーブリッヂを南へと渡り、ロックスという古い建物がある商店街を通り、西にコースを替えてサーキュラキーの公園から有名なオペラハウスを見てマックワリーストリートへ行きます。
Crw_0850 脂と甘いもの大好きなオージーの為の店
Crw_0852 古い建物。
旅行中の家族でしょうかね。

Crw_0851  ハーバーブリッヂへ昇る階段が見えてきました。

Crw_0854_2 階段を登り詰めると、カーブの向こうにブリッジが見えます。
線路もありますよ。道路は8車線です。
Crw_0869 ハーバーブリッヂにある歩道はこんな感じで続いてます。
ここをジョギングしているオージー達と何度かすれ違いました。
Crw_0861 ブリッジの上を見ると階段が見える。
そして渡り通路も。
ここではブリッジクライムというツアーがあって、橋の更に上のアーチまで登って歩くらしい。
高いところ好きにはたまらないらしい。でも1万円もする。アルコール検査もあるよ。
Crw_0862 さて、歩いて湾の上まで歩いて来ると、オペラハウスと港サーキュラキーの街が一望出来る。
両方が眺められる良いビューポイントがここハーバーブリッヂ。車ではこうは見れません。
ビルの並びや町並みが何となくみなとみらい地区に似ているな。
だんだん近く大きくなってくるオペラハウスを何枚か写真に撮った。
Crw_0867 湾の中を走る観光船。隅田川の観光船のイメージ。
Crw_0875 橋も渡り終わろうとする頃になるとオペラハウスはこんな感じで見える。
橋を渡り切るとそこはロックス地区。
Crw_0888 英国人がオーストラリアへ到着して最初に開拓した街。
古い町並みが続く。
Crw_0881 これはホテルだけれどオーストラリアではパブ。
アルコール販売出来る店の条件があるので、ホテルという名目で始めたのがきっかけらしい。
Crw_0882 一つの街路に一つはパブがある。日本の居酒屋とは違って食い物の種類は少ない店が多い。
このパブは変わっていて、ワニやカンガルーやエミュー等のオーストラリア名物?の動物たちのピザが食べられるそうですよ。


Crw_0889_2 ロックスから西へ港の側面にサーキュラキーの公園がある。
初秋のシドニーだけれど緑が多い。
Crw_0887 南を振り仰ぐと高層ビルが。
良い天気ですな。
Crw_0894 サーキュラキーの遊覧船乗り場
Crw_0896 キャプテンクックの遊覧船。乗り場が5つあります。

Crw_0897 日本でも多くなってきたヨーロッパ調のカフェ

Crw_0912 オペラハウスに着きました。
正面の写真は載せませんで、普通記念写真では撮らない所(笑)
Crw_0913 渡ってきたハーバーブリッヂが見えます。長さは1キロ以上ありますよ。
Crw_0909 オペラハウスの南には、王立植物園がある。
Crw_0917 これを眺めながらマックワリーストリートを南下します。
Crw_0918 落ち着いた趣の店が立ち並ぶ。
Crw_0920 古い建物と新しい建物のコントラストも見える。
Crw_0922
草間 彌生
だれやねん

同郷のアーティストでした。
今回の旅行で初めて知りました。

Crw_0923 州立図書館
Crw_0924 州議事堂
Crw_0926 シドニー病院
もののけ姫のイノシシと関係あるのかな。
だんだん曇ってきたな。

Crw_0928 ハイドパークの噴水が見えてきた。
Crw_0931 公園の中にはこんな並木が立ち並ぶ。
これもユーカリの仲間かな。
銀杏の仲間の木から銀杏が既に落ち始めているようだ。
あの香りがする^^; 
春なのに
Crw_0934 公園にある建造物セントメアリーズ大聖堂。
工事中ですね。傾いて見えるのは写真の撮り方が悪い為で、地盤沈下じゃありませんよ(笑)

Crw_0935 噴水の彫刻作品。
Crw_0938 噴水全体はこんな感じ。
Crw_0943 人になれていて全然怖がらない。
本当は横向きの絵が欲しかったんだけれど、この子はカメラ目線しかしてくれませんでした。
公園にいる鳥はアイビス。日本なら鳩なのかな。カラスかな。
顔の色を黒から赤に変えるとトキに見えると思いますよ。
日本名は「クロトキ」
天然記念物が、ここではカラス扱いです(笑)
Crw_0939 この公園のすぐ横にシドニータワーが見えます。
ハーバーブリッヂからは小さく見えたけど。
まぁマリンタワーだな。
Crw_0944 ここを東へ渡るとピットストリート。
この一部が歩行者天国のモールになっていた。

東へ一つの交差点へ移動。Crw_0945 QBKじゃなくてQVB(クイーンビクトリアビル)というショッピングモールが見える。そして南北(左右)に続くこの通りはジョージストリート。シドニーの中心通り。
銀座三越か和光と中央通りの様相。
Crw_0946_2 横はズーンとこんな感じ。
Crw_0947  QVB1階にあるフードコート。丁度お昼頃なのでだんだん混んできてます。
Crw_0948 2階から見下ろすとこんな感じ。

9時にミルソンズポイント駅を出て3時間歩いた。
かなりというかもうくたくたです。
このビルのインドネシアレストランで昼飯の予定だったんですが見つからず、諦めて地下のフードコートで食べる事にした。
見た目は1階のフードコートと同じよう。
026 Frescoという店。
ツナバーガーとエスプレッソを注文。
バーガーはバーガーキングのワッパーより大きい。バンズはフランスパンのバケットと同じ地のようでけっこうな固さ。食べ応えがある。
029 固いから、コーヒーを飲んで食べたバンズを柔らかくしながら食べたので、一杯じゃ足りなかったね。
028 バーガーはツナと野菜がたっぷり。やっと野菜にありつけてほっとした。

とりあえずここで休憩
続く

|

« 豪州旅行記その1 | トップページ | 豪州旅行記その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/44659077

この記事へのトラックバック一覧です: 豪州旅行記その2:

« 豪州旅行記その1 | トップページ | 豪州旅行記その3 »