« 豪州旅行記その3 | トップページ | 豪州旅行記その5 »

2009年4月17日 (金)

豪州旅行記その4

旅行3日目が始まった。
今日は一日フリーの日。
シドニー近郊にある世界遺産に登録されているブルーマウンテンズをまわってみるんだ。

昨晩は勝利で終わったので、朝早かったけれどパッチリとお目覚めのヒロクンです。
065 サンドイッチと、牛乳、オレンジで軽い朝食。朝乳製品と果物を取るのはジムの栄養士の先生から云われて日課にしているんだ。
サンドイッチは日本の倍の大きさ。
125 牛乳の成分表。
何をいいたいかというと、エネルギーがジュール表示というのもあるけど、容量や重さがℓ、グラムだということ。
国際標準的にはMSGを採用することになっているのに、西洋はいまだに平気でマイル、ヤードとかオンスとかガロン、ペインとか使っている。
日本は尺を使えなくて泣いている人も多いのに徹底した。
オーストラリアもMSGだ。日本と同じで分かりやすい。
066 なんて話が横道にそれていたら、今日の旅は始まっていたよ。
今日は4WDでシドjニーから西に100キロ移動するんだ。
今日もいい天気だね。
今度の旅行は本当に天候に恵まれていたんだ。
平らな大地の多いオーストラリア大陸だそうですが、これから1000メートルの高原に行きます。
ブルーマウンテンズとはそういう山があるわけではなくて、そう呼ばれるエリアの事。
志賀高原とか、箱根とかの類だ。
先ずカトゥンバという村にあるキングステーブルランドへ向かいました。
Kissの力を借ります。
Crw_0984 Crw_0985 Crw_0986 どうですかこの風景。
3枚続きです。このレンズの広角でも入りきれません。左、中央、右と続いています。
コロラド渓谷とは違いここは風雨で浸食した渓谷との事。そこにユーカリの木々が大森林を形成している。
Crw_0993 何故ブルーマウンテンなのか分かりますね。
まんまですが青く見える。
大概地球は遠くは青く見えるんですがここはわりと近くでも青いんです。
空の色が溶け込んでいるよう。
おっ珍しく文学的表現キタ━━━(゜∀゜)━━━ッ!!
これはユーカリの木から出るオイル成分が気化したものが立ちこめるために、太陽光が余計に青く染まるんだとのことです。
067 そんでもって、何故ここがキングステーブルランドというのか、それはこういう事なんですかね。
写真を撮られている時は気がつきませんでしたが、撮る立場になった時に分かってビックリ。
070 反対側もこんな感じ。
Crw_0989 この穴は何万年か前の先住民が作ったものだそう。洗面器位の大きさの穴。

次はジャミソンバレーという渓谷へ移動です。
074 途中に通ったルーラーという街の景色。
075 お土産屋やホテルもあります。
ブルーマウンテン饅頭はありません。

077 エコーポイントというビューポイントに到着です。
ここから珍しい岩が見られます。

Crw_0998 スリー・シスターズと呼ばれています。
この三人娘の物語が有るんです、ググッて見てください。(笑)
078 これはクイーンエリザベス展望台からの景色
山の名前とか書いてありますね。冒頭の方で紹介した景色です。
082 だそうです。
Crw_1004 Crw_1005 ここにはこんな花達が咲いていました。
調べたんですが、名前は分かりません。





ここジャミソンバレーのエコーポイントから次は、野生のカンカルーが居るエリアを通って、土ボタルの居る洞窟へ向かいます。
084 ここまで登ると紅葉が始まってますね。
春なのに。
086 舗装の無い路を進みます。
この辺りにカンガルーが居るんですが今日は天気が良いので出ないだろうとのこと。曇りがいいらしい。
かなり揺れますよ。4WDじゃないとだめですね。
そんなに揺れていないって?
本当に揺れている時は、写真は撮れないの。
両手でそこら当たりに捕まってるから。(。>0<。)

088_2  30分くらい走ってこの広場で休憩。
お茶を頂きました。
090 ビスケットが美味しい。

このあたりには白黒模様のカラスに似た鳥がよく見られます。マグパイといいますが日本には居ない鳥です。
あと子供の鳴き声のようでもあり、ヒューヒューとも聞こえる鳴き声の鳥もいました。

091 ここから歩いて土ボタルの洞窟へ向かいます。
15分位らしいです。
Crw_1019 こんなシダの生い茂るブッシュを歩きます。
ナウシカのフカイの森みたいな。
Crw_1011 バンクシアの花。
Crw_1012 ティーツリー(TeaTree)という植物だそうです。
葉っぱを取って手でクシャっとして匂いを嗅ぐと、ん~いい香り。お茶というよりも
緑の癒し系のアロマです。
エッセンシャルシャンプーとか、ちょっと例えが(笑)
Crw_1013 これはユーカリの仲間。これも葉っぱをちぎって匂いを嗅いでみます。
これは強烈な芳香。ユーカリオイルの香り。
Crw_1015 この植物はグラスツリー。
Crw_1020  このシダの木はナウシカで出てきそうですね。
1年で数ミリしか成長しないそう。
Crw_1016_2 こんな橋や
Crw_1017 階段を上り歩き進むと
Crw_1021 洞窟に到着。
何故ナウシカの話題を振ったかというと、ここの土ボタルは「天空の城ラピュタ」に出てきた飛行石のモデルになったから。
洞窟だったか鉱山だったかの中で明かりを消すと現れる星空のような光景。
あれです。記憶が定かじゃないですけど。
それを今から観に行きます。
土ボタルは、オーストラリアとニュージーランドのごく一部にしか生息していない虫です。
一応カメラを持って入りましたが、映像は撮れませんでした。
それはすばらしい光景だった。
元油田だった洞窟の壁が闇に目が慣れてくると、次第に宇宙に変わっていく。星のように瞬く土ホタルが壁や天井に沢山貼りついている。
銀河のように。
足元はサラサラと流れる地下水。
この流れにも光が映る。
水の流れる音と幻想的な光の世界。
癒される。
ガイドさんはここが好きらしくずっとここに居たいとよく云ってました。
貴重な体験をした。
宮崎監督もこの光から何らかのインスピレーションを得たのかもしれないな。

幻想的な雰囲気を味わってから書くのもなんだが、土ボタルとは実は天狗バエの幼虫「蛆ムシ」なんだ。orz
さて昼飯、昼飯!
車で1時間走るとカトゥンバの中の町にでた。
そこの町営施設で昼飯を食べる。
この施設は097 レストラン、
100 ゲーセン、
グラウンド等を備えたコミュニティセンタ。
096 平日なので、じいちゃんばぁちゃん達でいっぱい。日本ならゲートボールだろうボール競技をしていた。
ここで運動して、ご飯を食べて、ゲームをして帰っていくのだろう。
ここのじいちゃんばぁちゃん達は子供の世話になるという概念すら持たないので、とっとと子供を追い払って、老後は夫婦二人だけで暮らすのが普通。
仲が良いのである。
手をつないで寄り添って歩いてる姿が微笑ましい。

ランチメニューは、フィッシュアンドチップス、ハンバーガー、ビーフサンド3種類の中から選ぶ。
フィッシュアンドチップスはもういい^^;
一番ボリュームが有るのがハンバーガーだというので、ビーフサンドにした。
104 でてきたのがコレー。
脂と炭水化物の固まりキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
ハンバーガーとボリュームは変わらない。
皿の直径は45センチ位
これにドリンクと、ケーキ類が何か一つ選べる。
105 この肉
この脂
106 この・・・パイナップルは旨そうw
107 この赤蕪は着色じゃなくてこういう色をしているそう。
食感は柔らかく煮た竹の子に似ている。
味は甘からず辛からず中途半端(笑)
102 ケーキはどれも甘そう。
サンドイッチとサラダは完食した。v
ポテトは1/3は食べた。
ケーキは2口くらいで許してもらった。
コーヒーは3杯飲んだ。
御馳走さまでした。
因みに隣の席にいたじいちゃん、ばあちゃんはフィッシュアンドチップスにオニオンリングトッピングを喰っていた。脂と炭水化物の固まりだ。
チップスはここではご飯代わりだとガイドさんは云っていたけど、「それって毎食がチャーハンて事じゃないですか」と云うと笑っていた。
オージーは脂と甘いものと炭水化物が好きなのはよーく分かりました。
そんなオージなので、最近遂にアメリカを抜いて、世界一の肥満国になったとガイドさんから聞きましたよ。分かるなぁ。

ランチを終え施設を出てまた車でジャミソンバレーへ向かう。
Crw_1024 ケーブルカーで渓谷をみる為、シーニックワールドという施設へ行った。世界遺産に登録される前から在る個人経営の施設。
オーナーは御の字だろうな。
入り口にはスリー・シスターズの物語の像がある。
Crw_1032 ケーブルカーは短いし渓谷を上から見るだけはつまらないので乗らずに、
Crw_1025_2 遊歩道を歩いて自然を堪能した。
Crw_1028 朝のポイントからは小さく見えていた滝が大きく見える。
Crw_1031_2 こんなんだな。
高さはどれくらいあるんだろうか。
ここを見終えると後は一路シドニーへ戻るだけ。今は15時半なので、18時前には着きそうだ。
いやーすばらしい自然を満喫できて良かった。
しかしあのランチは(笑)

シドニーへ来て2日目の夜を向かえるが、これはまた次回をお楽しみに。bread

続く

|

« 豪州旅行記その3 | トップページ | 豪州旅行記その5 »

コメント

ヒロクンさん今日は。来週からシドニーに旅行に行くのですごく参考になりますflair写真もすごく見ごたえあるし楽しく読ませて頂いてます。ところどころのオージー観察もおもしろいですupwardright

投稿: Yucks | 2009年4月17日 (金) 21時28分

Yucksさんこんばんはw
そうですか来週からシドニーですか。
気候は暑からず寒からず快適だと思いますよ。
楽しんできてください。
旅行のブログを作られるのでしたら、教えてくださいね。

私の豪州旅行記は明日の回でお終いです。
お楽しみにbread

投稿: ヒロクン | 2009年4月17日 (金) 21時56分

ヒロクンさん今日は。シドニーの気候が気になっていたので教えて頂けて嬉しいです。私は3週間前からブログに初挑戦で、いっぱい写真とってヒロクンさんみたいな面白いのが作れたらと思いますhappy01

投稿: Yucks | 2009年4月18日 (土) 13時19分

Yucksさんこんばんはw
今は最後の準備で、あれ持っていこうかとか、先ず着いたら何処そこへ行こうかとか、飛行機は無事に飛ぶかとか期待や不安も混じってあたふたしている頃かな、どうでしょう。
この時間が一番楽しいんですよ。
私の旅行記の最後に、注意した方がいいかなと思ったことを載せておきました。
参考にしてください。
どうか良い思い出を作って来てください。

投稿: ヒロクン | 2009年4月18日 (土) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/44666699

この記事へのトラックバック一覧です: 豪州旅行記その4:

« 豪州旅行記その3 | トップページ | 豪州旅行記その5 »