« ABAB-上野松阪屋は近くなった | トップページ | 春風亭ぽっぽちゃんの動向(えっ動くの?) »

2009年3月26日 (木)

落語家と講談師

宝井琴柳先生と柳家三三師匠の会が3月12日にあった。
この会の記事が新聞サイトにアップされていた。

↓WagaMagaフォーラム、講談×落語 伝統話芸の“異種格闘技戦”堪能
http://waga.nikkei.co.jp/enjoy/play.aspx?i=MMWAe4000012032009&&page=1
このお二人の繋がりに?という人もいるかもしれない。
ヒロクンも一昨年だったらそう思ったかもしれない。
琴柳先生は落語協会へ入会したので、三三師とは同じ協会員。
しかも三三師は大の講談好きで、生まれ変わったら講釈師になりたいとか。
そして琴柳先生に講談の稽古をつけて貰っている間柄。
云わば蜜月状態のお二人なのだ。
なので、仲良く「読継講談」が出来る。
三三師の講談はラジオ番組でさわりだけ聞いたことが有るけど、上手です。
講釈師の若手真打の技と遜色無かったです。
なのでいつかたっぷりと聞いてみたい。

しかし落語と講談は、異種格闘技戦と大げさに云う事は無いな。(笑)
空手とキックボクシングの違い位の差じゃないだろうか。
まぁこの事は置いといて、記事の内容です。
新聞記事にしてはかなり詳しく高座の内容を書いている印象を受けた。
寄席好きの書いたブログのような詳しさだ。
ここまで詳しく紹介しても良いのかなと心配になってしまうくらい。
でもよく見たらこの新聞社が主催する会だった。(笑)

落語と講談は仇同士じゃないわけだから、もっと普通に交流しあって落語と講談の会が増えてもいいんじゃないかな。
と、落語と講談の両方が好きなヒロクンは思うのである。
一度で二度おいしいみたいな(笑)

|

« ABAB-上野松阪屋は近くなった | トップページ | 春風亭ぽっぽちゃんの動向(えっ動くの?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/44375163

この記事へのトラックバック一覧です: 落語家と講談師:

« ABAB-上野松阪屋は近くなった | トップページ | 春風亭ぽっぽちゃんの動向(えっ動くの?) »