« 御慶 | トップページ | 若手落語家グランプリ2009 »

2009年1月30日 (金)

小言幸兵衛

恵方ロールに続いて今日も甘いもの根多
年明け草々ですが、会社で出張、旅行帰りにと海外帰り何人かから同時期にお土産をもらった。
海外旅行のお土産の定番といえばチョコレート。
普段甘いものは食べないのだけれど、目の前に沢山あるので一つ、二つと毎日数を減らしております。
巷でもこの時期甘い企画がいろいろあった。
渋谷東急のスィーツコレクション、伊勢丹ではショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ」、
スィーツコレクションでは、安食シェフのクレープ実演販売に1時間待ちの行列が出来たりと、甘いもの人気はすごいようだ。
甘いものを食べないので、スイーツ関係は全然分かりません。
安食シェフは地元の人気ケーキ店のシェフをしていて、有名なシェフだ位の知識があるだけ。
落語好きが贔屓の噺家目当てで寄席に行くように、甘いもの好きはやっぱり贔屓のシェフ目当てでケーキ屋へ行くのだろうな。

小言幸兵衛という落語がある。
小言で町内を一世風靡した(笑)大家幸兵衛が主人公の咄。
空き店を借りに来た搗米屋、豆腐屋は気に入らなくてキレる幸兵衛。
でも三人目の仕立屋は気に入ったらしく、お茶を出す、羊羹をだす。
結局仕立屋の伜が男前ということで、幸兵衛の妄想が妄想を呼び、羊羹はもらえず・・・

日本のスイーツと云えばこの羊羹が浮かぶ。
羊羹とは調べると、本来は羊のスープ。
肉が冷えてゼラチン質が固まりぷるんぷるんになったものを中国ではそう呼んでいた。
これを禅僧が日本に点心として伝えたが、精進料理しか食べないゆえに、肉を小豆に替えた料理が原型てなことが、とらやさんのHPに書かれていた。

R246を青山方向から赤坂見附方向に進んでいくと右側にとらやさんの大きなビルが目につく。
あれが本店なんだな。
このとらやさん、野生のトラ保護活動をしてるんですね。店名にあやかるというのか、トラ繋がりというのか、ダジャレ企画というのか(笑)乙な店ですね。
それにしても何故トラを店名にしたのかな。
強くて勇ましいトラは、スイーツ向きじゃないと思うんだけれど。
うさぎやとか、すずめやとかそういう名前が合うと思うんだけど。
なんて、あたしが小言いってもしょうがない。

|

« 御慶 | トップページ | 若手落語家グランプリ2009 »

コメント

加藤清正が毒饅頭で「アンサツ」されたから、清正公と甘い物は天敵同士で、もひとつ清正の敵といえば虎、で菓子屋の屋号が「虎屋」、みたいな落語がありましたね。

投稿: 松井高志 | 2009年1月31日 (土) 09時26分

松井さんコメントありがとうございます。
なるほど、餡だけに暗殺ですね(笑)

敵の敵は見方という事ですか。
勉強になりました。

投稿: ヒロクン | 2009年1月31日 (土) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/43902348

この記事へのトラックバック一覧です: 小言幸兵衛:

« 御慶 | トップページ | 若手落語家グランプリ2009 »