« 2008.12.28 講談武者修行 | トップページ | 2008.12.30 トンデモ暴年会 »

2009年1月 9日 (金)

2008.12.29 神田山吹を聞く会

今年最後の神田山吹先生の地元さいたま市での勉強会。
今回が96回目!
09年4月には何と大台100回となります。
一言で100回と書きましたが、1回/月の会なので、100回となると8年以上も掛かったわけです。
山吹先生もエラいが、毎回セットアップしてくれる席亭さんがエラい。
この会も平日の夜なので、さいたま迄行くのは遠いので毎年12月の会くらいしか行けませんな。

■神田山吹  講談  河村瑞賢
ある夏の日の物語。
江戸へ出てきた瑞賢、元手無しの状態から商才を発揮して商いをして、世話になった車夫と親方に売上金を渡しまた旅へ出る・・・
こういう話はビジネスマンが好きそう。
今回の読み物は連続講談「柳沢昇進録」の14作目にあたるそうです。
柳沢は出てきませんがなにか。
「雁風呂」とか「朝妻船」も柳沢の名前だけが一瞬登場するだけ。柳沢の色は無いです。
それでもって1話完結の読み物というのが、柳沢昇進録の特徴なのかな。
全ては聴いてないので推測ですが。

それから2席目といいますか、12月ということで義士伝を是非にと席亭さんに直前に云われて、「忠僕元助」のショートヴァーション5分版。

山吹先生、腕上げたんじゃないの

|

« 2008.12.28 講談武者修行 | トップページ | 2008.12.30 トンデモ暴年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/43666620

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.12.29 神田山吹を聞く会:

« 2008.12.28 講談武者修行 | トップページ | 2008.12.30 トンデモ暴年会 »