« 2008.12.30 トンデモ暴年会 | トップページ | TBS落語研究会 »

2009年1月13日 (火)

2009.01.03 2009年 新作落語お正月興行

年は落語21で明けて、トンデモで暮れるのが最近は年中行事。
いつの間にか名前が落語21から替わっていましたが、円丈師匠が牽引する新作落語の会です。
場所は新作の聖地プーク人形劇場。
18時開演の会ですが、早い人は15時過ぎには並び始めたようです。
ここでおじさん、おばさん達が並んでいる姿を不思議そうに眺める通行人がいますが、無視して並ぶ(笑)
「だるまちゃんとてんぐちゃん」とか「こやぎと狼」とかの人形劇のポスターが貼ってある前ですからね。

ヒロクンは17時少し前から並んで7番目。
満員だったが、明日は喬太郎師が出るので17時から整理券を配るというアナウンス。
4日に行かれた方、お疲れさまです。

■三遊亭玉々丈  落語  喫煙体操だよ~っ
結婚の条件が禁煙。
禁煙の為にありとあらゆる秘術を使い・・・みたいな
初めて聴いたけど、けっこうリアルな新作を作る人なんだな。

■三遊亭亜郎  落語  ドレミの歌
ドレミの歌の替え歌落語だ。
だっぺおじさんがいい味をかもし出している音楽落語。
オチは無い・・・(笑)

■三遊亭天どん  落語  通信簿
1がエンピツで4の字に。
一目見れば改竄したのがわかってしまう通信簿。
この息子にはこの親有り的な内容。
天どん君は来年あたり真打かなというキャリアになるんだな。
根多も傾向が変わってきた感じかする。

■鈴々舎わか馬  落語  大ガーコン
今回の収穫その1
わか馬さんがガーコンを演るという噂は聞いていた。
それが今日遂に生で体験できた。
歌、上手だし。

わか馬さんは前座さんの頃から高座を見ている。
前座の頃は、髪の毛は七三に分けて、黒縁か銀縁のメガネで笑顔は無く坦々と落語をこなす姿は、銀行員かよと思う程だった。
けど、二ツ目になって変わった。
爆発頭の時期もあったが、今は坊主刈り。メガネは止めたようだ。
マクラでクスグるし、第一表情が明るい。
清麿師に「新作を演ってみないか」と誘われてやる事になったようだけれど、よりによって何故「ガーコン」だったのだろうか。
若いのに・・・・

因みに「大ガーコン」と「ガーコン」の違いは、脱穀中の父ちゃんに母ちゃんが「父ちゃんがんばれ」と応援する場面があるものが「大ガーコン」。
無いものが「ガーコン」。
時間の長さとか曲の多さ等は関係ないそうです。

■夢月亭清麿  落語  マサコの皿
阪神大震災で、大阪でコレクションされていた貴重な皿がことごとく破壊されてしまったが、唯一残った皿が国宝の指定を受けた。
ある有名陶芸家がこれを知り、自分の最後に焼く皿を力士たちに窯の中で暴れてもらい、残った皿があればそれを最後の皿とすることに決めた・・・
最後の弟子のマサコは止めたんですけどね。

この師匠の落語は、面白くないところが魅力。

■三遊亭白鳥  落語  仔羊物語
ベースは「アニメ勧進帳」という落語。
こんな根多の構成

アルプスの少女ハイジ
      ↓
  やぎのゆきちゃん
      ↓
<僕ん家のヒツジの子>
      ↑
   ラムちゃん(アグネス・ラム)
      ↑
  うる星やつら(懐かしのアイドル)

()内は今回バージョンで変更された部分。

変更により、アニメ感が低下してマニア度上昇。
お巡りさんの前で、ありもしない給食の献立表を読むという勧進帳パロディと、
主人公がしゃべれる仔羊というハチャメさは、白鳥ワールドだ。
収穫その2。
年末、正月と立て続けに白鳥師匠の新しい新作が聴けたのが収穫。

■三遊亭圓丈  落語  悲しみは埼玉に向けて
本日四高座目という少々お疲れモードのオーラがでていた師匠だが、落語に入ったらシャンとしたのはさすが。
ほぼ原作(というかCD録音)どおりの高座だった。
この作品もそうだけど、「ぺたりこん」や「グリコ少年」といった圓丈師の初期の作品が気に入っている。
シュールさがいい。
この落語はおなじ初期の作品でも、これはシュールな落語ではなく、まんまな世界を描くドキュメンタリー風落語。
まんまな世界を見せて、それにツッコム方式だ。
これも圓丈師が得意な方法。
実はですねぇ、この「悲しみは埼玉・・・」の落語の描く実世界を写真で綴ろうと思い立ち何年か前に、実際に北千住方面ロケを敢行したんですよ(笑)
ビックリやパートⅡとか、北ロード1010とか(笑)
でもブログで発表できないでいるのです。
何故か、それは「準急新栃木行きの発射のベルが未だ鳴っている」の過去の記憶と現在をザッピングする重要な台詞があるわけです。
これは是非写真に撮りたい一枚。
しかし、今は新栃木行きの準急は無いようなんですよ。
北千住駅の時刻表で調べたんですが、途中駅までしか準急は行かないんです。
だから重要な台詞が絵にできない・・・
それから東武線は、田園都市線-半蔵門線へと乗り入れるようになったため、「人の道」になってしまった(笑)
そういう時代なんですね。
発車のベルがなるホームから去りゆく電車は、「中央林間行き」なんですな。

これでは落語とイメージが違いすぎる。
だから未発表のままでいるんですよね。

収穫その3
大好きな落語をトリで聴けたこと。

|

« 2008.12.30 トンデモ暴年会 | トップページ | TBS落語研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/43728047

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.01.03 2009年 新作落語お正月興行:

« 2008.12.30 トンデモ暴年会 | トップページ | TBS落語研究会 »