« 平林 | トップページ | 御神酒徳利 »

2008年11月21日 (金)

うどん屋

「藤ヱ門」といううどん屋がある。
小山でよく行く店。
「武蔵野うどん」と呼ばれているうどん料理。
1121_012 茹でたうどんを冷やして、ざるに盛る。
盛蕎麦のうどん版。
そしてそのうどんを、暖かいつけ汁に浸けて食べる。
因みにこの日食べたのは、ピリ辛肉汁うどん。
この食べ方が好きで、他の地方でも武蔵野うどんの店があれば立ち寄る。
何故この食べ方を好むのか

それは、猫舌だから(笑)
1121_013 熱いつけ汁も、うどんを入れることで冷めてくるので、なんとか食べられる。
どれぐらい猫舌かというと、落語の「うどん屋」の中でうどんを食べる所作を見ながら、こちらでも一緒にフーフーしてしまうくらい。
鍋焼きうどんなぞ食べようもんなら、相当フーフーしないと食べられない。
それでも食べ終わった後は、口の中の薄皮が剥けているという・・・orz.
猫舌というのは、治るものなのかな。

落語タイトルシリーズもそろそろ根多が限界だな(笑)

|

« 平林 | トップページ | 御神酒徳利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/43165105

この記事へのトラックバック一覧です: うどん屋:

« 平林 | トップページ | 御神酒徳利 »