« 鼠小僧外伝 | トップページ | 徂来豆腐 »

2008年11月28日 (金)

明烏

6時起床の朝型の生活に移行して1年が経つ。
超滿員の田園都市線のラッシュ時間帯を少しでも外れて通勤しようと、早めの電車に乗ることにしたから。
このリズムを変えないように、出張中の平日も続けていた。
仕事場へは8時過ぎにホテルを出ても余裕で間に合うので、かなりゆったりした朝の時間がある。
丁度太ってきたこともあり、この朝の時間に30分のジョギングをした。
晩秋の時期だと日の出少し前から走り始め、日の出を見ながら冷たい空気を切って走るのは気持ちのいいものだった・・・のだけれど、一つ問題があったんだ。

カラス。
実は今年の春に、自宅近くの道路でカラスに襲われた。
カラスに襲われるなんて、初めての体験だった。
カラスは春の子育て時期に、小柄な女性や、子供を襲う事があるのは、TVニュースを見て知っていた。
けれど大人の男が襲われるなんて思ってもいなかった。
その道路には何人もの人が歩いているにもかかわらず、
私だけ襲われた。
30分後用事を終えてまたその道路を通って自宅へ向かう時も、私だけ襲われた。
明らかに私だけを狙い撃ちである。
この時からカラスがいると、また襲われるんじゃないかと、カラスを見るたびに恐怖心を抱くようになった。

朝、ホテルから近くの川沿いの遊歩道へ行って走るのだけれど、朝食の時間らしく多くのカラスが電信柱、街灯、橋の欄干等の上に集まっている。
そして「カァ~、カァー」の合唱。
だからこの近くを通る時は、ジョギングに非ずダッシュ状態で、逃げるように走るわけです。
いやぁ笑い事じゃなくて、本当にコワイんだ。
どうやらトラウマになったようだ。

朝寝していた方が良かったのかもしれない。
独り寝だけれども。

|

« 鼠小僧外伝 | トップページ | 徂来豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/43243665

この記事へのトラックバック一覧です: 明烏:

« 鼠小僧外伝 | トップページ | 徂来豆腐 »