« 八五郎出世 | トップページ | 天災 »

2008年11月13日 (木)

そば清

北海道産は9月後半ころ、
信州産は10月後半ころから食べられる。
東京でもそろそろ新そばが食べられる季節になった。
1112rimg0019 新そばは、香り高くて今の時期だけの贅沢。
写真は、小山の日本料理店「斑鳩」でのランチのもの。
北海道産そば粉の新そばで、とろろ蕎麦。
1112rimg0021 かなり粘ります。
どんぶり一杯のとろろ汁。
腹にずっしりと溜まる感じ。
一人前で量的には十分満足した。
しかし更科系なので、香りは淡白。
やはり新そばは、田舎蕎麦だな。

ところで、
9日に盛岡で、わんこそば全日本選手権があった。
この大会でTVチャンピオンでもお馴染みの大食い女王、菅原初代さんが優勝した。
2年連続チャンピオンだそうだ。
↓わんこそば選手権:菅原さんが連覇 10分間で383杯
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081111k0000m040033000c.html

5分短縮というハンデをつけても、2位の男性に100杯以上の差をつけての、ぶっちぎり優勝。
菅原さんは競技中、そばは味わって食べているのだろうか。
すごすぎる。

では落語国のフードファイター「そば清」と勝負したら、どちらが勝っていただろうか。
わんこそばは、だいたい12杯で盛りそば1人前だそう。
計算すると、菅原さんの食べたそばの量は、盛りそば31杯に相当する。
そば清は、10両で60杯の勝負で、50杯までは食べられた事になっている。
ではそば清が勝利かというと、そうとも云えない。
そば清は時間無制限の勝負。
菅原さんに与えられた時間は10分だからだ。
TVチャンピオンの決勝のように、1時間が与えられたらどれだけ食べられるだろうか。
勝敗の行方は何れか、微妙な気がする。

リンクのブログランキングのクリックもお願いします。

|

« 八五郎出世 | トップページ | 天災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/43093288

この記事へのトラックバック一覧です: そば清:

« 八五郎出世 | トップページ | 天災 »