« 予選通過 | トップページ | ちょっと待ったに、ちょっと待った! »

2008年10月 6日 (月)

2008.10.04 黒門町土曜会

黒門町の本牧亭へ講談会に行ってきた。
食事をしながら、講談を一席聴ける会。
これを我々常連客は、「ディナーショー」と呼んでいる。
黒門亭ではありませんよ。
ルンルンで、本牧亭到着。
あれ、予定していた陽司先生は来週に変更か。

今日の出演は春陽兄さんなんです。
でもいいんです☆
だって今日はルンルンなんだもの♪

あおいさんの文体真似してみました(笑)
今日の午後は御贔屓のサッカーチームが勝利したので、
もう今夜は何が起こってもご機嫌なのでございます。

■神田春陽  講談  牡丹灯籠~お札剥がし半ばまで  あんど
                  徂来豆腐
何故二席かと申しますと、雑誌(L25)の取材がありまして、
本高座の前、掲載写真用に何かやってくれということで、「お札剥がし」を演った。
5・6分だろうか。
ちょっと得した気分。
いつの号に載るのか聞いておけば良かったな。

本番は「徂来豆腐」。豆腐屋と荻生徂来の人情話。
落語や浪曲でも演る演目なので、話芸の中ではポピュラーな読み物。
義士伝の外伝という位置づけになっていますが、討ち入りのあたりをカットして、
あくまでも、豆腐屋と徂来の独立した物語として成立させて、
義士伝の雰囲気をださないやり方もありますが、春陽君の場合は討ち入りが入る形だった。
冒頭の冷や奴を喰う弱々しくも滑稽ぎみな徂来が良かった。

|

« 予選通過 | トップページ | ちょっと待ったに、ちょっと待った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/42703809

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.10.04 黒門町土曜会:

« 予選通過 | トップページ | ちょっと待ったに、ちょっと待った! »