« 江戸の看板 | トップページ | 今年も目黒のさんま »

2008年9月 1日 (月)

襲名の近況

圓楽一門に動きがありました。
↓既に報道されていますが、圓楽を楽太郎師につがせる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080818-00000001-dal-ent
↓それから総領弟子の鳳楽に圓生をつがせたい意向が発表されたようです。
http://hwm3.gyao.ne.jp/houraku/

圓楽襲名は、現5代目圓楽師ご自身の名前なので問題ないと思います。
先代が現役・存命中に襲名の意思表示をするのは2例目ですね。
このやり方は今後の落語界のモデルニなるのかな。
談志師匠の動向が気になります。

さて、問題は「圓生」襲名ですね。
>この名跡(みょうせき)は止め名となった。誰も使用できない。
・・・と
↓wikipediaには書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E5%9C%93%E7%94%9F
民事で争うという強気な方法もある。
だ、けれどもが付く(幇間腹だなこりゃ)
止め名に連名で記した存命の方々と、圓生門の現在落語協会員の人、
例えばだが円窓師や円丈師達も含めて話し合いという
やり方も有る。
圓楽師の意向は分かったが、ハードル高いかなというのが私の意見。

白鳥師が圓朝を襲名したいという夢と比べたら、ハードルは低いのかなどうだろう。

PS.
今年の圓朝まつりで、これでもらうのが、ヒロクンの場合最後かもしれない
と思い、志ん輔師のサインを頂きました。
意味深長?

|

« 江戸の看板 | トップページ | 今年も目黒のさんま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/42337443

この記事へのトラックバック一覧です: 襲名の近況:

« 江戸の看板 | トップページ | 今年も目黒のさんま »