« 今困ってるんですよ | トップページ | 予選通過 »

2008年9月29日 (月)

2008.09.28 講談武者修行

関東地方は涼しいっていうか、寒くなってきましたね。

月1回の講談二ツ目勉強会「講談武者修行」に行ってきました。
一カ月のご無沙汰でございます。
ロッテ提供はありません。m(_ _)m   古~~っ!

開催時刻が午後3時から1時に替わった会になったとたん、
あの本牧亭に、20名近くのお客が押しかけた。
今までは何だったんだろう(笑)

■一龍斎貞橘  講談  大久保彦左衛門~一心太助の出会い
大久保彦左衛門とくれば、一心太助。
いやぁ、自分がルールブック的な彦左衛門の物語。
そんな大きさも見えてた。

■神田あおい  講談  左甚五郎~竹の水仙
マクラでここ一カ月の例の・・アレの結果報告があるのかなと期待しつつ登場を待ってました。
が、
マクラ無しに、いきなりこの読み物に入る。
落語でもおなじみの根多。

噺家が演ると落語になるし、講釈師が演ると講談になるんだな。
甚五郎の自由奔放さが出ていた。

この根多は神田派には無かったんじゃないかな。
誰に習ったんだろう。

っていうかそれほど触れたくないのが「例の事の結末」だったのか(笑)
一ヶ月かけたオチ!
もうおちゃめwなあおいたん

■神田春陽  講談  義士銘々伝~赤垣源蔵 徳利の別れ

義士伝キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

もうそういう季節がきたんですかね。
義士伝を聴いてきて初めてウルっと来てしまったのがこの「徳利の別れ」
お酒好きの紅先生の好演だった。

しゅんちゃんもいつか泣ける時が来ることを期待します。

お仲入り

■田辺一凜  講談  奥州歴史講談~義経の最後
奥州の名所平泉の世界遺産エントリーを願って、
奥州の歴史を、地元の人々の為に、地元の人々により創られた講談で、
深く知ってもらおうというコンセプトのイベント「奥州歴史講談」

「of the people, by the people, for the people」

でございます。

素人だけの講談での尋目は自信がないので、プロの講釈師に教えてもらおう
というきっかけでに関わってしまった一凜さん。
今年の奥州は、地震とか・・・・地震とか・・・
センシティブな状況だったとのマクラから、

市民により創られた「奥州歴史講談」三部作の中からエピソードⅢにあたる
この読みもの。

地元自慢が微笑ましい

|

« 今困ってるんですよ | トップページ | 予選通過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/42630685

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.09.28 講談武者修行:

« 今困ってるんですよ | トップページ | 予選通過 »