« ♪ヨーロレイゴー | トップページ | ジブリ・レイアウト展 »

2008年8月20日 (水)

カンゲキの土曜

夏休みを利用して、デンマークへやってきた。
008_2
010_2  

 
なんて云ってみたいが、ここは横浜レンガ倉庫
16日、芝居を観てきた。
五大路子 一人芝居 「横浜ローザ」

今まで観たかったがなかなか都合がつかず、今回やっと叶った。
この芝居は横浜のメリーさんの半生を描いたもの。
横浜出身の女優、五大路子さんのライフワークとなっている。

横浜メリーさんは、横浜市民なら知っている人は多い。
しかしどういう人かと云うと詳細を知る人は少ない。
そんな中で、1996年、この芝居が始まった。
メリーさんが横浜から姿を消したといわれる95年の翌年。
2006年にはドキュメント映画「横浜メリー」が公開される。
私は、名前と姿は位は知っていた。
そしてこの映画でメリーさんの詳細を知った。
映画を観て、予備知識を持って今回この芝居を観た。

決して聖人君子でも、横浜のヒロインでもない娼婦ローザ(メリーさん)。
戦後の横浜。その裏の歴史の象徴がメリーさんだった。
そのメリーさんの存在に、その時代を生きた横浜市民の郷愁をさそう。
クライマックスには、会場から「ローザ!」、「メリー!」と声がかかる。
不思議な感動に包まれた芝居だった。
五大路子さんの芝居も今回初体験だったが、エネルギッシュですばらしい芝居だった。

ヒロクンも95年ギリギリでメリーさんと接近遭遇していた。
横浜馬車道にあるビルのエレベータですれ違うという一瞬の出来事だったが、
大変ショッキングな出来事だったのを覚えている。

↓横浜ローザオフィシャル
http://www.yokohamayumeza.com/content.cgi?p=SC20201
↓横浜ローザのニュース記事
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080813/tnr0808130822001-n1.htm
↓映画「横浜メリー」の説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B3%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC

リンクのブログランキングのクリックお願いします

|

« ♪ヨーロレイゴー | トップページ | ジブリ・レイアウト展 »

コメント

映画は、tvkで放映した時見ましたよ。
渚ようこの「伊勢佐木町ブルース」の主題歌も印象的。
高校の時、横浜に割と簡単に行ける所に住んでいる子も多い学区だったので、メリーさんは伝説の存在でした。
実際に見た子もいたし。
舞台、私も1度は見てみたいですね。

投稿: えれこ | 2008年8月20日 (水) 22時16分

えれちゃん今晩わ

tvkの放映も観たよ。
五代さんがゲストに出て、「残った私ががんばらなきゃ」って
云っていたのを思い出すよ。
「メリーさん」を今の言葉の「都市伝説」で終わらせてはいけない
と思っています。
僕の中では、メリーさんと、風とともに去りぬのビビアンリーが
被って見える。

投稿: ヒロクン | 2008年8月20日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/42192130

この記事へのトラックバック一覧です: カンゲキの土曜:

« ♪ヨーロレイゴー | トップページ | ジブリ・レイアウト展 »