« 閉会式で非常に残念な出来事 | トップページ | 2008.08.24 鈴本演芸場8月下席 昼 »

2008年8月25日 (月)

2008.08.23 本牧亭土曜講談会

フィールド競技で快挙のメダルで沸いて、それ以外の成績には・・・・
シーーーーーーン  の約束の土曜日。
夜は上野広小路黒門町の本牧亭で土曜講談会。
6時頃到着して、格子戸を開けると、なんと・・・・・

033 現在絶滅危惧種に登録されている?男流講釈師の若手3人が揃って本牧亭に
居残っているじゃないですか。
春陽、貞橘、駿之介
これは貴重ですねぇ、野郎が3匹ですよ
何処に隠れてた!(笑)



■神田陽司  講談  五平菩薩
CO2が悪役で活躍している2008年であります。
しかしイーハトブの時代の東北地方ではCO2は神だった。
CO2の何が違う?
何も違わない。
違うのは、何をそのときの商売(売れスジ)にするのかということ。

今日集まったお客さんの層は色々。
古典講談コテコテ
新作講談ハチャメチャ派
講談関係ねぇ、あたしゃ酔っぱらい

な感じ

今夜陽司先生の選んだ読み物は掲記のもの。
現在の福島県白河市になるのかなぁ、奥州白河泉村が舞台の読み物。
浅間山の天明の噴火以降(関係あるのか無いのかはわかりませんが物語だから)
巻き上げられた噴煙により、地球規模の天候不順で冷害に怯える東北の民に、
宮沢賢治の、「この山が噴火すればCO2が増えて、温暖化になれる・・・」
の叫びがあったというマクラ

危険思想キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

ですよ、今こんな発言は。
今の勝ち組はCO2削減推進企業・団体。
それに乗っかれぇなのがエコやLOHAS企業。
なんでもいいから馬鹿から金を取れが、何とか還元水の水商売
敢えて、馬鹿な人物をここで出してきた陽司先生。

絶対に出ないと云われていた日照りの続く場所から井戸水が・・・
講談ですから(金魚ちゃん風味)

終演後は、演者、女将さん、お客さんが何時ものように盛り上がった
そんな土曜会だった。

|

« 閉会式で非常に残念な出来事 | トップページ | 2008.08.24 鈴本演芸場8月下席 昼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/42269496

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.08.23 本牧亭土曜講談会:

« 閉会式で非常に残念な出来事 | トップページ | 2008.08.24 鈴本演芸場8月下席 昼 »