« かれいに対策 | トップページ | 今日は夏休み »

2008年8月15日 (金)

2008.08.14 池袋演芸場8月下席 夜

会社帰りに池袋演芸場に行った。
8月下席の夜は、女性講釈師がトリを取って、怪談話をする企画。
ここ何年か池袋の夏の風物詩となっている。
旧盆中で、夏休みの人が多い。
そのためか、浴衣割引もあるので、浴衣、着物姿のお客さんの多いこと。
ヒロクンも浴衣で行きたかったが、浴衣姿で仕事をするわけにもいかないからね。
18時20分頃演芸場に到着。
会は半ば。
6人目の笑遊師の熱演中のところから観た。

■三遊亭笑遊    落語  素人鰻
客席のドアを開けて、見渡すと良い空席が見つからず、最後部で立ち見。
丁度鰻屋の主人が鰻を掴んで動きだしたところ。
登ったり下りたり、別のものを掴んだりと、ダイナミックに熱演。
客席もウケた。
師匠が下りた後、見つけておいた席へ移動。
他の立ち見客も移動開始。
この時点で、ほぼ滿員。
高座返しは神田松之丞君。
彼も芸協に入っていたんだね。

■桂歌春        落語  看板のピン
もう仲トリだ。
男の三道楽のマクラからこの根多へ入る。

看板と云えば、蛙茶番で片思いの事を「足袋屋の看板」と云う台詞(クスグリ)がある。
意味がわからなかったので調べた。
看板の足袋は一足の片半分しか描かれていないのでここから、
自分だけで、相手は未だ承諾してない様子を足袋屋の看板に例えた。
とまあこういう事だろう。
(5へー入りました)

お仲入り

■桂平治        落語  源平盛衰記~鵯(ひよどり)越
源平盛衰記と云っても落語の場合は、本筋を少し話してはあっちの彼方に話題が行って戻ってきたと思ったらまた何処かに飛んで行ってしまう。
そんな演じ方。
ヒロクンは林家三平で聞いたのが初め。
平治師匠のも限りなく漫談に近かった。

平治師匠と云えば、最新?の「らくご☆マガジン」で女子大生と一緒にピースしている写真があったな。
羨ましい。

■昔昔亭桃太郎  落語  金満家族
桃太郎師匠は、お囃子が始まり舞台の端から高座へと歩くところから、既に桃太郎落語に入っている。
今日は時事根多のマクラ無しに根多に入る。
初期の頃のオリジナル作品。
預金残高8兆円、800DKの家、みたいな数字の出てくる金持ち家族の噺。
もう笑うしかない。
桃太郎師匠は存在が落語だからな。
芸協でお気に入りの噺家さんです。

■松乃家扇鶴    音曲
扇鶴師匠は久々に見た。
自分の過去の寄席記録を見ると7年ぶりらしい。
犬に都々逸を教える根多は健在。

■神田紅        講談  名君忠之  作・夢野久作
客席の照明が落ちる。
紅先生が登場する。
「紅っ!」
「待ってましたっ!」
大向こうから声がかかる。

今回の読み物は夢野久作の作品。
怪談かというと違うが、人が死ぬシーンがあるので怖いところもある。
紅先生は福岡出身なので、同じ福岡の作家で黒田の武士を主人公にした作品という繋がりで、この作品を演るようになったのだろうか。
初公演は15年前に遡るが、聴いたのは今回が初めてだった。
小説の文章と同じ言い回しをするので、分かり難いところもあった。
博多弁の台詞がリアルだった。
殺しの場面はぐっと引き込まれた。

紅先生は文芸作品を講談化する事が多い。
いま思いつくだけで、
  芥川龍之介(真説桃太郎)
  泉鏡花(滝の白糸)
  樋口一葉(大晦)
  高橋克彦(ねじれた記憶)
この中では「ねじれた記憶」が好きだ。
何年か前、池袋のこの怪談の夜席で聴いた。
ホラーというのかファンタジーというのか、現代の怪談噺として新鮮で印象に残っている。

講談の後は、明るくなって帰ってもらう趣向で、紅先生による陽気な踊りを披露。
踊りも実に見事。セクシーだった。
芸人さんもポリバレントが良いです。

紅先生の池袋の予定は、16日が「四谷怪談」17日が「牡丹灯籠~お札剥がし」

↓「名君忠之」の原作は青空文庫で読めます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/1106_22037.html

|

« かれいに対策 | トップページ | 今日は夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/42174458

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.08.14 池袋演芸場8月下席 夜:

« かれいに対策 | トップページ | 今日は夏休み »