« ゲン担ぎ喰い~浦和戦 | トップページ | 地元の夏祭 »

2008年7月25日 (金)

ある親子会

大銀座落語祭という大イベントが終わり、圓朝まつりまでは静かにしておこうと思っていますヒロクンです。
アロハマンダラーズや住吉をどりも観たいですが混雑がいやなので。
↓それから大銀座のようなイベントは、来年からは地方で行う企画があるようですね。
http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008072101000646.html

今回の根多です。
少し前の記事ですが、こんなのがありました
↓立川談志・談春親子会の沈鬱
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080707/27052

この筆者が観た感想では、フィジカルが絶不調で、気力だけで持ちこたえようとする師匠談志と、自分ががんばらないとと、一人焦る談春という図式だったようです。
これが最後の親子会かもしれないと予感させるくらい、談志の体調は誰の眼にも明らかに悪く写っていたのだろうか。
それでも談志が観れて良かったという感想もあるだろう。
こんな談志は観たくなかったと、この筆者と同じ感想を持つ人もいるだろう。

確かに声はね、MXTVのレギュラー番組を見ても非常に良くないのはわかっていた。
談志師匠の性格からすると、
談志を聴く客は、談志の落語を聴くのではなく、談志そのものを聴く(観る)のだ。
だから自分が談志であれば、どんな談志であろうともそれでいい。
観たきゃ勝手に観ろ。
談志はこう思っているのかなと。
こう言いそうだなと思います。

談志はこれから何処へ行くのか、見守りたいと思います。

|

« ゲン担ぎ喰い~浦和戦 | トップページ | 地元の夏祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41966146

この記事へのトラックバック一覧です: ある親子会:

« ゲン担ぎ喰い~浦和戦 | トップページ | 地元の夏祭 »