« 講談というお仕事 | トップページ | 2008.07.19 大銀座落語祭その1 »

2008年7月18日 (金)

ゲン担ぎ喰い~清水戦

Jリーグ17節、今回で半分終了。
折り返し地点となる試合。
勝つか負けるかでは順位に天国と地獄程の差が出てしまう今節。
絶対に勝たなければいけない試合。
ということで、ゲン担ぎ喰い。

清水に近い街、沼津市にある洋食屋「千楽」のポークソテー(上)
この店は沼津に来ると必ず立ち寄る店。お気に入り店。
そして今回選んだ料理は、今この店で一番高い料理。
先日沼津へ行ったときに秘かに決行しました。
店員さんが料理の入った皿を持って現れると、「お~」と声を出す客。
メニューを眺め直すお客。
0805242350 ものすごい大きさの肉・・・
携帯を置いてみました。
写真で伝わるでしょうか、どうでしょうか・・・
250グラムはあるんじゃないでしょうか。
その肉の上には、この店自慢のデミグラスソースがたっぷりとかかっている。
肉の後ろにはたっぷりのサラダが盛られている。
そしてこの皿は、「私って、高いのよ」と云っているようだ。
今回初めて挑戦する料理。
080524 分厚い肉を切っては食べ、切っては食べ、時々ライス。
時間をかけると満腹中枢にスイッチが入ってしまうので、スイッチが入る前に食べ終わらなければならない。
必至で顎を動かす。
この店のデミソースが無ければ、完食できなかったかもしれない。
とても食欲をそそるソースです。
何とか完食できました。

さて試合のほうは、
  川崎2-1清水
タニの2発で劇的な逆転勝利。
また今回も川崎劇場となり、盛り上がりました。
タニの五輪壮行試合は、自作自演という結果になりました。

ヒーローインタブー
司:メガネ野郎、反町監督来てましたよ
タ:かんけーないね

タニは、やっぱタニだった。

そういうことで、千楽さん御馳走さまでした。
また来まーす。
今度はアウェイ戦で?

|

« 講談というお仕事 | トップページ | 2008.07.19 大銀座落語祭その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41897586

この記事へのトラックバック一覧です: ゲン担ぎ喰い~清水戦:

« 講談というお仕事 | トップページ | 2008.07.19 大銀座落語祭その1 »