« 2008.07.12 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 喬太郎の気楽に粋ましょう »

2008年7月15日 (火)

2008.07.13 第5回「ごっつぁん亭」

鈴々舎馬るこさんの勉強会へ行ってきました。
高田馬場のPLAZASTAGE
前座がぽっぽちゃんという告知があったので、日曜の夕方開催ではありましたが、駆けつけました。
入り口でぽっぽちゃんから今日のプログラムを受け取る。
30㎝の距離でぽっぽちゃんと向かい合うのは初めての体験だった。
印象は・・・
  背、ちっちぇーー!!
  顏、ちっちぇーー!!
  ポニョみてぇだな
が、同時に頭の中を過った。
あーもうこれだけで、1500円の価値有だ。
ぽっぽちゃんの事しか書きませんでしたが、馬るこさんは今回3席全て根多下ろしだそうです。

0713 ■鈴々舎馬るこ  例のやつ
場内に流れている曲が、ライオンキングの曲から、ムード歌謡に替わる。
場末のキャバクラの呼び込み風のスーツを着こなした馬るこさんの登場。
「例のやつ」と云われましても今回が初めてなのでなんだかわからず、ボーっとしているヒロクンでありました。
曲は「六本木"GIROPPON"」というらしい。全く知りません。
曲の後の方になって、この根多を理解しました。
歌を知らない人はこの下の行を左から右へドラッグしてみて
歌詞がぽっぽ、ぽっぽ・・・・・

この歌が例のやつなのか、このコーナー自体が例のやつなのかは分かりませんが。

■春風亭ぽっぽ  落語  洒落小町
「♪ぽっぽ、ぽっぽ♪」
「春風亭ぽっぽでございます」
前フリの歌入りで自己紹介。
会場大盛り上がり
かわいいでつ。

最初は「厩火事」かなと思ったが、こちらの咄だった。
あんまりよく喋るので「ガチャ松」と呼ばれているお松さんが、亭主の浮気を辞めさせようと、亭主が家にいるときは、ダジャレを云って楽しませる算段をするが・・・
ガチャ松のマシンガンバーストのようなしゃべくりが上手にできました。
大家さんも後半結構早口になってしまいましたw
ぽっぽちゃんは、聞く度に上手になっているので、ビックリしますよ。

■鈴々舎馬るこ  落語  新作・ライオンキング息子
前に上がったぽっぽちゃんの話題(根多)を話したので少し紹介します。
「もう、ぽっぽちゃんは楽屋ですごい人気です。
  自分も前座時代には女性の前座(こみちさんかな?)はいましたが、
  恋愛は御法度でした。
今の前座はどうなってしまったのか。
『おまえ昨日ぽっぽちゃんと一緒に帰っただろう(弩)!』
って、おまえら小学生か(笑)」

0713_2 「忘れてましたが、ここで撮影タイム。私はすきに撮ってください。
  ぽっぽちゃんは撮っちゃだめですよ。
  春春堂(小朝事務所)に後でおこられちゃう」

根多の話題に移ります。
最近このミュージカルを観て感化されたようです。
根多を簡単に説明すると、「七段目」のシチュエーションを歌舞伎から劇団四季のライオンキングに替えたもの。
タイトルからして、「近日息子」のパロディかなと演る前は想像してましたが。
二階で若旦那が「シンバ」、丁稚が「それ以外」を演じる。
馬るこさんの一人ミュージカル。
歌、台詞やアクション等、なりきっていましたね(笑)
このミュージカルは観た事無いですが、観ていれば(ギャップが)もっと面白かったかもしれません。

■鈴々舎馬るこ  落語  真景累ヶ淵~宗悦殺し
前高座に続けての高座なんですが、これは本寸法の古典。怪談根多です。
パロディではありません。
前高座も根多おろしで、ペース配分を考えずにトバシてしまったので、汗をふきふき、マクラで息を整えていきます。
この根多は、「大銀座落語祭」での真景累ヶ淵リレー落語会で口演するもの。
今回の勉強会で根多下ろしとしたようです。
「宗悦殺し」は講釈の貞水先生でしか生で聞いていません。
人間国宝と根多下ろしの芸を比べるのは酷なので、感想は省略です。
「宗悦殺し」はトップバッターとなるので、プレッシャーがかからないように、本番は楽に演ってください。
来週本番か、もう1回は稽古出来る席があるといいんだけど。

お仲入り

■一人大喜利  「ごっつぁん喜利」
司会春風亭ぽっぽ
「笑点」のテーマミュージックにのってお二人が登場。
ぽっぽちゃんがお題をだして、馬るこさんが何かを答えるかたち。
良い答えを出すと、カントリーマームがもらえます。
結果は、ぽっぽちゃんの温情も有?、7カントリーマームでした。

■鈴々舎馬るこ  落語  金明竹
これも本寸法の古典そのままでした。
関西弁の口上のところが、韓国語バージョンとかを想像していたので意外でした。
失礼しました。
甥子の小僧の馬鹿ぶりが良かった。
クスグリも若い噺家さんらしくて、新鮮で面白かった。

馬るこさんは、新作は新作で、古典は古典でしっかりとみっちりと勉強しようという姿勢が見られて好感触でした。
また聴きたいです。

「1、2、3ごっつぁんです」を全員でやってお開きとなりました。

そして、

ぽっぽちゃんが、

終演後なんと

私服キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

薄いボーダーのトレーナーに綿パン姿。
男の子みたいで、かわいいでつ
至福の時
でも、ぽっぽちゃんの生写真は撮れません。
みなさんも注意してください。
0713_3 なので、今日の戦績としてこれをアップしましょう。
半分ぼかしましたが(笑)

余談
終わったのが夜7時半だったので、高田馬場でちょっと飲んで帰ることにした。
最近ハマってしまった「やきとん」店を見つけたので迷わず入った。
ホッピという焼酎のビール割みたいなのが好きで、これを飲みながらやきとんを食べた。結構酔って、そして食べて御勘定。
1400円だった。
串1本100円だし、焼酎おかわりは180円。キャベツ1/4個280円。
この店を神と呼びたい。

リンクのブログランキングのクリックもお願いします。

|

« 2008.07.12 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 喬太郎の気楽に粋ましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41843203

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.07.13 第5回「ごっつぁん亭」:

« 2008.07.12 本牧亭土曜講談会 | トップページ | 喬太郎の気楽に粋ましょう »