« 瞳 | トップページ | アクセス解析の結果 »

2008年6月 5日 (木)

馬賊ファン

いきなりすごいタイトルです。

日暮里に行った時に立ち寄るラーメン店です。
日暮里には立川流でよく使われているサニーホールや、以前「和音」とい和風ライブハウスがあり、落語や講談のライブをやっていたので、日暮里は少し遠いですが、時々来ています。
日暮里駅に着くと駅前にどんと目立つ「馬賊」の看板。
それが中国手打麺の店「馬賊」です。

こねてまな板に叩きつけて延ばした麺を折って、2本→延ばして折って4本→8本→16本・・・と切らずに延ばすやり方。
日本のラーメンの麺と違い、稲庭うどんぽいツルツルで腰がある麺になります。
05301100 何時も食べている「馬賊つけ麺」を注文しました。
そうめんのように、水に浮かべた麺と具の皿。
0530 それからピリ辛濃い味のつけ汁。
上にも書きましたが、ラーメンじゃなく、色も白色で稲庭うどんのつけ麺の感覚です。

馬賊つけ麺の他に韓国風つけ麺もあります。
隣の女の子が注文したんですが、麺や具の入っている器の中に、つけ汁をぶちまけて、汁を満遍なく麺や具に絡めてから、食べていました。
混ぜて食べるのが韓国風でもあり、大変に美味しそうでした。
今度やってみたいと思います。
ここは餃子も人気です。それから坦々麺も。

ただ、お値段が1100円とちとお高い。
ラーメンで千円以上というのが難点。
でも大変な人気店で、今回も10分は外で並びました。
上野にも支店がありますが、ここの方が好みの味です。

馬賊と云うと、少尉(伊集院忍)を思い出すな。

|

« 瞳 | トップページ | アクセス解析の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41433859

この記事へのトラックバック一覧です: 馬賊ファン:

« 瞳 | トップページ | アクセス解析の結果 »