« 副都心線開業 | トップページ | 2008.060.14 本牧亭土曜会 »

2008年6月16日 (月)

2008.06.14 本牧新鋭講談会

黒門町の本牧亭講談会へ行ってきた。
今年3月までは講談定席と呼んでいた会ですが、4月からは定席とは呼ばないらしい。
一門会だったり、若手勉強会だったりと企画物の会を中心にするということなんだろうか。
まぁでも本会は、今までどおりの定席スタイルでした。
この会は神田蘭ちゃんの二ツ目昇進祝いの会でもありました。
前座さんの高座が終わった時点で既に満席。
きらりちゃんの高座のときに2回膝送りをして詰め込んで、なんとか全員座れた模様。
今週も空気が薄い本牧亭です。

■神田きらり  講談  山内一豊~出世の馬揃え
おめでたい席での常連根多。
きらりちゃんでは耳たこなくらい聞いている。
何故かといいますと、ニフティのポッドキャスティング落語のサイトに唯一置いてある講談が、きらりちゃ

んのこの読み物。
ダウンロードして、携帯プレーヤーで何回も聞いていたんです。
くすぐりはヴァージョンアップしているし、上手くなっていた。

■神田蘭   講談  桂昌院
本日の主人公が登場。
嬉しそう

美人では無いけれども(根多のこと)、女性では一番出世した桂昌院こと「お玉」のサクセスストーリ。
「玉の輿」という言葉はこのお玉が御輿に乗って大奥へ入るところから来ているそうです。
詳しくはwikiを見てください。 

■神田山吹  講談  安部衛駆けつけ 半ばまで
昔は連続講談がメインで、「ここからが面白いが続きはまた明日!」のように切れ場を作って翌日に繋いでいたというような講談のやり方をマクラで話す。
安部衛が堀部を名乗る前の事。
落ちぶれていた安部衛が、叔父の真剣勝負に駆けつけようとする所でお約束の「ここからが面白いが・・・」をやってお後と交代。

山吹ちゃんでこの読み物は初めて聞いたかもしれません。
切れ場の説明を入れていたので、結構受けました。

■神田陽司  講談  徳本行者
最近は禅に凝っているという話からマクラが始まりました。
浄土宗の徳本行者の読み物。
再来年の大河ドラマが「坂本龍馬」に決まったようです。
陽司先生は五席も持っているので、是非営業を上手にやって稼いでください。

ちなみに陽司先生は特に怪我の様子もなく、普通に元気でした。
あの時、秋葉には居なかったようです。

■神田愛山  講談  伊勢の初旅~序の部分
本来ならば、蘭ちゃんの師匠の紅先生が仲トリなはずだと思うのですが、都合がつかなかったんでしょうか


愛山先生、今日は新作は演らず。
始まりは八百屋なんですが「徂来豆腐」で、それから唐茄子屋政談っぽい展開になる話。タイトルの読み物の序章部分の話なので、未だ伊勢も旅もでてきません。
この読み物は、落語の唐茄子屋政談のベースだったんでしょうか。
と思える位かぶっています。
世話講談の伯龍先生が以前演っていた読み物で、今は愛山先生が主に演っているようです。

お仲入り

■神田茜  講談  牡丹灯籠~御札剥がし  アレンジで御札貼り
以前のエントリで、茜先生が円朝まつりの奉納落語でこの根多を演るんじゃないかと書きました。
http://hirobow.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_3c67.html

おそらく私の感では今日の高座は、その為の稽古だったんじゃないかなと(笑)

初めてこの読み物を聞いた人が多かった様でしたが、結構受けていました。
「御札はがし」のパロディですが、原作を知らなくても全然問題なく面白い(怪談ですが)読み物です。
聴いたことの無い方は、是非円朝まつりの奉納落語で聴いてみてほしいと思います。

■神田松鯉  講談  白菊金五郎  上
「墨堤」というキーワードをマクラに持ってきた。
墨田川の墨田区側(東側)の堤の事。
この墨堤に2012年「東京スカイツリー」が建つ。
「墨堤」という言葉は、地元の人じゃないと使わない言葉。
今回わかったのは収穫。
松鯉先生のマクラはあっちへ行ったりこっちへ来たりで、何を言おうとしたのかも分からなくなってしまう
自由さが面白い。

この読み物は、主人公の金五の恋人小菊が墨堤で殺されるところから始まる。
仇を打ちたい金五と、たまたま通り掛かった柳沢の利害関係が一致して計略が進んで行く物語です。
柳沢昇進録も、抜き読みで一部分しか聴いていないので、全容をいつか聴いてみたいです。

今年の春から前座さんになった女の子の名前が分かりました。
神田あっぷるちゃん。
神田紫門下です。
なぜ紫先生の弟子があっぷる?
  ・
  ・
  ・
  ・
(パー)プル繋がりってこと?
講談界も変わって行きますよw

満席の客席が少しずつはけていきます。
やっと安らぎの時間が訪れようとしています。
しかし、今日は珍しく本牧亭で佐平次です。

何故かって?・・・

ここからが実は面白いが・・・orz.

|

« 副都心線開業 | トップページ | 2008.060.14 本牧亭土曜会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199774/41553635

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.06.14 本牧新鋭講談会:

« 副都心線開業 | トップページ | 2008.060.14 本牧亭土曜会 »